2010年7月アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

2010年7月アーカイブ

『ゆうゆう 9月号』で紹介されました。

 

ゆうゆう9月号-2

 

ゆうゆう9月号-1

 

ゆうゆう9月号で歩き遍路ツアーのご紹介を頂いております。

有難うございます。

2010/07/29 |  掲載広告のご案内 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

7/25(日)西日本新聞掲載広告

堀 健二 霊場会公認先達

いつも有難うございます。

明日7/25(日)は西日本新聞の広告掲載日です。

霊場会公認先達でこころの旅人スタッフの堀 健二が目印です。

8/7(福岡)、8/8(小倉)で行われる旅行説明会のご紹介を致しております。

ご覧いただきまして、もし興味がございましたらお気軽にお越しください。

2010/07/24 |  掲載広告のご案内 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

天空の道

暑いですね。そう言えば言うほど、暑さが増す気がします…。

 

そんな時は、空の散歩に出かけてみては?

 

DSCN0515.JPG

 

瓶ヶ森林道(かめがもりりんどう)

 

林道と言っても林間の道ではなく、舗装道です。

 

DSCN0518.JPG

 

稜線に沿って道は続いているので、景色は秀逸!

見えるお山は、石鎚山。

 

DSCN0511.JPG

 

同じ石鎚山ですが、こちらは裏側から見たところ。

いわゆる「天狗岳」という峰です。

 

 

この山容は、

瓶ヶ森林道を進んで土小屋という石鎚登山地点を過ぎ、

石鎚山スカイラインに入ると見ることができます。

 

下ると久万高原町(旧柳谷村)。45番岩屋寺の近いところです。

 

アクセス道路や瓶ヶ森林道はところどころ狭小区間が存在するので、

スピードの出しすぎには、気をつけて運転を。

今の時期の週末は閑散と言うことはなく、ハイカー等で賑わっています。

2010/07/12 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

厄除けの坂 by 22番平等寺

CIMG0285.JPG

 

山門を潜って、階段を上った先…22番平等寺さんです。

 

長い階段は、厄除けの坂。

厄除けの坂(階段)と言えば、23番薬王寺さんが圧倒的に有名ですが

 

有名≠御利益大

 

結局のところ、お参りされる自身の気持ちだと思います。

厄除け祈願をされるなら、静かな霊場の方も良いものです。 

 

平等寺さんの厄坂の脇には、白水の湧く井戸があり

 

水に困った村人のために、井戸を掘った→その水が平等に行き渡るように

 

それが、寺名の由来です。

2010/07/11 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

日を限ったお願いごと  by 17番井戸寺

CIMG0286.JPG

 

四国最大の山門を潜って…

 

と言えば、17番井戸寺さん。

 

 

その名の通り境内に井戸があることが、寺名の由来です。

 

その井戸、別名「日限り大師さん」と言いますが、

日を限ってお願い事をすると、効果を発揮するそうです。

 

例えば、週末にピアノの発表会があって、本番で失敗しないように…

などなど

 

お金持ちになるように

と言った、日を限らないお願い事は効果が薄いようです。

 

 

病気平癒の七仏薬師如来さんと併せて、お参り下さい。

(おんころころせんだりまとうぎそわか お薬師さんの御真言を7遍唱えるのが、当地の習わしです)

2010/07/10 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

西端づくし

うどん屋さん多しの香川県と言えど、最も西にあるうどん屋さんってどこ?

 

CIMG0280.JPG

 

答え→上戸(じょうど)うどん さん

場所ここ

 

国道11号沿いにお店があります。

交通量の多い所なのか、夏場は朝6:30から営業しているそうです。

 

朝うどん、いかが?

 

CIMG0277.JPG

 

すぐ裏は、JR予讃線・箕浦駅。香川県最西の駅になります。

列車本数は少なく、特急待ちの停車はあるものの、

うどんが食べれるくらいの長時間停車はあまり無いでしょうから、やはりアクセスは自家用車でしょうか。

 

CIMG0282.JPG

 

うどんのおだしは、讃岐うどんの定番・イリコだし!

国道11号を挟んで見える燧灘(ひうちなだ)、そこに浮かぶ伊吹島(いぶきじま)。

 

香川県最西地点であり、イリコ漁が有名なこの島。

昔は半年も働けば、あとの半年は遊んで暮らせたとか?

 

そんなイリコpresentsな、おうどんです。

2010/07/09 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

讃岐らーめん

そんなカテゴリがあるかどうか(?)不明ですが、

そう名乗ってもおおげさではない、美味しいラーメン屋さんが香川県内にあります。

CIMG0273.JPG

 

讃岐ラーメン 盛(もり)

場所ここ

 

"はまんど"

と言う名前の方が、馴染みがあるかもしれません。

お店が改装されて、「ラーメン」と「つけ麺」 それぞれ店舗が分かれていました。

 

CIMG0276.JPG

 

讃岐ラーメン

 

背脂だけで判断しては、いけません。スープは、驚く程あっさりしお味。

だしは、讃岐の特産品・イリコで取っているようです。

 

うどんと一緒ですね。そこに醤油が入るか、入らないか。

 

ラーメン不毛地帯と言われる香川県で(うどん屋さんが多いからですが、根付かない)、

数少ない、オススメできるラーメン屋さんです。

2010/07/08 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.4 佐田岬

お遍路空白地域の、四国発掘に凝っています。

 

 

四国の地図を見ると、愛媛県の一番西側(左)にニョキっと伸びた半島が見つかります。

 

P1060572.JPG

 

佐田岬半島(さだみさき)と言います。

付け根から岬まで約50km、日本で一番細長い半島です。

 

P1060593.JPG

 

岬と言うからには、灯台あり。

さきほどの看板があったところ(駐車場)から遊歩道を歩くこと約20分、

この灯台が見えるところまで来ることができます。

 

P1060579.JPG

 

豊後水道と言う潮通しの良いところ、水の透明度は抜群です。

 

また、展望台から少し下に目をやると、こんな物も。

 

P1060581.JPG

 

砲門跡です。

軍事上重要な拠点であることは疑う余地はなく、

半島の先端/北側/南側、至る所に要塞が築かれたのも頷けるところです。

  

現在はいわゆる"廃墟"ですが、

こう言ったものが実働しない、平和な世の中は本当にありがたいですね。

 

P1060586.JPG

 

岬から九州(大分)まで、最も近いところで約20km。見える煙突は佐賀関の精錬所。

 

この四国/九州を隔てる潮の流れの速い海で育まれた魚が、かの有名な"関サバ・関アジ"です。

 

 

半島は基本的に急峻な地形なので、かの弘法大師さんも訪れていない?

当地で八十八ヶ所のお話は、殆ど聞きません。

 

地図を見る度に

「佐田岬半島に、札所が無くて良かったー!」

といつも思ってしまいます。

 

現在は、良い道(197号・佐田岬メロディーライン)が付いて、アクセスも容易です。

それ故、スピード取り締まり頻度も高いので、運転は気をつけましょう

 

 

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.1 奥祖谷二重かずら橋

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.2 月山神社

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.3 引田

2010/07/07 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

高野山名物

CIMG2198.JPG

ごま豆腐

 

美味しい豆腐は、水と空気、そして鮮度が揃って洗練されるもの。

 

高野山にある、濱田屋さん

 

高野山のきれいな空気と湧き水で造られた、

できたてのごま豆腐を、店先で味わうことができます。

 

持ち帰りはクーラー持参が条件(保冷箱を買い求める場合は別売り)、

地方発送は発送翌日に着くところまで(例えば、北海道は不可)。

 

そんな、鮮度へのこだわり。

 

自宅に全国各地の名産品を取り寄せて食べることの出来る時代ですが、

そうはいかない物が、まだまだあります。

 

濱田屋さんのごま豆腐、高野山へ行った際味わってみて下さい。

2010/07/06 |  高野山 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

旬のミカンを、たくさん味わいたい方へ

愛媛に訪れた時に頂いた美生柑(みしょうかん)、

又の名を河内晩柑(かわちばんかん)と言います。

 

CIMG0267.JPG

 

別名・和製グレープフルーツ。

と言っても、本家のような苦味は少なく、瑞々しい文旦、と言ったところ。

 

写真を見ての通り、頂いたコレは形があまり良くない。

 

でも、これこそがミカン類をたくさん味わうコツでもあります。

 

基本的に果物は、形が良い物しか店先に並びません。

形が悪い物は? 二束三文で、ジュース行きです。

 

ですが、中身は同じですよ?

 

それでいて、売値は半値以下。

 

これって得じゃないですか!?

(そこまでの交通費・ガソリン代はかかるけれども)

 

これらいわゆるB級品、旬に産地に行けばあっさりゲットできます。

 

甘いミカンは冬だけど、

すっぱいミカンは、今が旬です。どうぞ愛媛へ…

2010/07/05 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

呉肉じゃが 海軍カレー ポテトチップス

広島から、友来たる。

 

CIMG0269.JPG

 

お土産に呉海軍カレー味・呉肉じゃが味(広島限定)を持ってきてくれました。

 

なぜ、広島限定?

販売メーカーのカルビーさんが広島発祥、というご縁だそうですね。

(知らなかった! てっきり北海道かと…)

 

肉じゃが味は、コクのあるコンソメ味ってところ?

 

カレー味は…うん、美味しい。

カレー煎、カレーのねじり棒、カールカレーがけ と言ったスナック菓子は見たことあるけど、

チップスでカレー味は、意外と無くないですか? (知らないだけでしょうか)

 

 

いずれのお土産も、アッという間に私のお腹に納まりました。

 

写真は見ての通り、食べた後、です。

 

お酒が進んだのは、言う間でもありません。

ごちそうさまでした。

2010/07/04 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

日本で一番素敵な場所

どこなんでしょうね?

モチロン、答えのない議論ですが

 

IMG_0613.JPG

 

その候補となり得る場所が、高知県にあります

 

 

DSCN1532.JPG

大岐の浜(土佐清水市)

 

通称「はまみち」

遍路道が、広大な砂浜です

 

浜の終点に流れ込みがあり(時期によって枯れてたりもしますが)、

そこで靴を脱がなければならないので、どうせなら靴を脱いで浜を歩きましょう!

 

その呼びかけにに、皆さん呼応して下さいました。

 

DSCN1546.JPG

 

まるで、天国にいるかのような爽快さ。

とは言っても、

 

季節・天候・潮時

 

条件が揃わないと、この浜歩きは楽しむことができません。

 

IMG_0614.JPG

 

締まった砂浜で、ゴミがあまり落ちてません。こんな場所、日本にはなかなかありません。

それをお遍路さんとして体験できる…

 

37から38番 この間約90km

それを歩こうとするお遍路さんへ、お大師さんのご褒美でしょうか。

 

DSCN1551.JPG

 

大岐の浜は、

 

サーフィンのメッカ

ハマグリの一大漁場

 

でもあります。訪れる際は、特に潮時(干潮/満潮)をよく調べて。 

2010/07/03 |  高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.3 風待ちの港・引田

お遍路空白地域の、四国発掘に凝っています。

 

香川県で一番東にある街・東かがわ市引田(ひけた)に来ました。

 

港が山の影になる場所にあり、風が遮られることから

往来する船舶が風待ちの港として立ち寄り→その際、米や日用品の集散地として、大変賑わったそうです。

 

小さなこの街が栄えていた証として、

 

和三盆

ひなまつり

ハマチの養殖

醤油製造

 

と、現在でも全国区の特産品が名を連ねます。

 

CIMG0264.JPG

かめびし屋

創業の宝暦3年(1753年)から、醤油の伝統的製法「むしろ麹法」を続ける全国唯一の醤油醸造元。

 

現在はその醤油蔵の一部を利用して、うどん屋さんが開かれおり、

名物「もろみうどん」を味わうことができます(土日限定)。

 

CIMG0261.JPG

もろみうどん・小

 

もろみと言うと、キュウリの添えて食べるアレです

 

それをうどんのだし汁に溶いて食べる?

さぞ、塩辛いのでしょうね…

 

と思いきや、全くそんなことはありません。

 

最後の一滴まで飲み干せる、不思議な味わいです。

 

信じられない方、こればっかりは実際に引田に来て、もろみうどんを食べてもらう他ありません。

 

CIMG0263.JPG

 

かつての引田郵便局、現在はその施設を利用した「ヌーベル・ポスト」と言う、

喫茶店になっています。

 

昭和の始めに建てられたこの郵便局、当時は香川県内でもひときわ目立つ

画期的な建造物であったようです(昭和53年まで現役で郵便業務を行っていました)。

 

このように、引田の繁栄は様々な形で残っています。

 

 

引田と言うと、

普段は高速道路から見下ろすだけの街、というのが大半の印象でしょうが

来てみると古めかしい街の雰囲気がgoodで、かなりオススメの場所です。

 

 

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.1 奥祖谷二重かずら橋

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.2 月山神社

2010/07/02 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.2 月山神社

お遍路空白地域の、四国発掘に凝っています。

 

 

古来より、38番金剛福寺(足摺岬)を打った遍路は、

 

○打ち戻って、寺山(39番延光寺)から続けて篠山参りをする

○半島を西に回り、月山詣りを経て寺山(39番延光寺)を参る

 

篠山か月山(どちらも神社)

どちらかをお参りしないといけない、そんな不文律があったそうです。

 

今回は月山神社の紹介です。

 

CIMG0254.JPG

 

月山神社はかつて南照寺と言う、神仏習合の霊場として、弘法大師さんが開かれました。

 

CIMG0247.JPG

 

"月山"の名は、神社のご神体が月形の石であることに、由来します。

本殿の裏に奉納されており、歩いて近くまで行くことができます。

 

が、この時期はいけません。

 

ヘビやスズメバチが出たら困るので…。

 

CIMG0250.JPG

 

弘法大師さんを祀る、お大師堂があります。

この建物がかつての南照寺の本堂であり、例によって明治の始めに、

 

神仏分離→南照寺は廃寺・神社一本→名称が月山神社

 

となって現在に至ります。

 

 

とても辺鄙な場所にあるのですが、

この日私が訪れたときには、参詣に訪れたお遍路さんに出会いました。

 

流行の言葉で言えば「パワースポット」と言うものでしょうか。

 

番外・奥の院参り

なんてことができたら、ここは絶対に入れたいところです。

 

 

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.1 奥祖谷二重かずら橋

2010/07/01 |  高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 2010年6月 |  メイン  | 2010年8月 »

こころの旅人ブログ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • お遍路ブログ
  • 初めてのお遍路講座
  • 巡拝用品取り扱い中
  • モンベル フレンドショップ
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • youtube

このページの先頭へ