2010年8月アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

2010年8月アーカイブ

岡山/香川が同居する島

 CIMG0543.JPG  CIMG0541.JPG

 

瀬戸大橋を渡っている際、もしくはフェリーの甲板から、おむすび形の島が見えます。 

 

大槌島(おおつちじま)

 

と言う無人島なんですが、島の中心に県境が通っており、

北側が岡山県、南側が香川県 となっています。

 

なぜそのような事になったのか?

無人島だったら、どちらかの県に任せればいいんじゃない?

 

しかしながら、この島の近海がサワラの好漁場で、

古来より備前・讃岐の漁師の漁場争いが絶えなかった。

そこで、江戸幕府が下した裁定が・・・

 

位置は讃岐に寄ったところにあるものの、

双方がこの海域で獲った魚介類を幕府に献上していた事実があり、

調査の中で、島の北側には備前の農民が開墾した畑があることが確認された。

 

これらの事を考慮した上で、

この島とその付近の漁場を等しく等分する形で、県境を引いた

 

このような経緯があるようです。

 

 

瀬戸大橋を経由して四国に上陸する際や(脇見注意)、

五色台(81,82番)へ登った際には、海を眺めてみて下さい。

特徴的な形をしているので、すぐに見つかると思います。

2010/08/30 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

遍路の旅 説明会

8/28(土) 岡山 (ママカリフォーラム)

8/29(日) 香川 (サンメッセ香川)

 

 

各会場、多数のご来場ありがとうございました(感謝!)

 

 CIMG0545.JPG  CIMG0554.JPG

 

まだまだ暑さが和らぐ気配がありません。

そのためか、今秋からお遍路を始めよう、という出足が遅いような気がします・・・

 

 CIMG0547.JPG

 

両会場では、表装の完了した掛け軸を展示させて頂きました。

集印前の軸と比べると、輝きが違います。末代までの家宝になる、という話も納得。

 

 

来週からは、いよいよ歩き遍路が再開します。

既存のお客さん、新しく来て頂けるお客さん、

体調を整えて、歩き遍路のご参加お待ちしています!

2010/08/29 |  説明会 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

岡山説明会《本日開催!お気軽にお越しください!》

本日は岡山会場の「ママカリフォーラム」での巡拝説明会です!

予約不要ですので、お気軽にお越しください。(受付13:30?、開始14:00?)

詳しい場所はこちら→http://www.kokotabi.net/briefing/

(それでは今から会場に向けて出発しま?す!会場でお会いしましょう!)

野瀬・松野 出発

 こころの旅人 野瀬・松野

2010/08/28 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

《今週末開催!》香川・岡山説明会へお気軽にお越しください。

いよいよ今週末、香川・岡山の説明会が開催されます!

スタッフ一同、心よりお待ち致して降ります。

■ 岡山会場 (歩き遍路について) 
日時 : 8/28(土) 受付13:30? 開始14:00?
場所 : ママカリフォーラム 会議室407
参加費無料

■ 高松会場  (歩き遍路について)
日時 : 8/29(日) 受付13:30? 開始14:00?
場所 : サンメッセ香川 小会議室1・2
参加費無料

野瀬JUMP

★ご予約なしで当日のご来場もOK!お気軽にお越しください。

2010/08/26 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

東京説明会

秋から始まる四国八十八ヶ所巡りの説明会へ、日本全国飛び回っています。

 

今回は東京へ

有楽町駅前の、国際フォーラムにて説明会を開催致しました。

 

CIMG0521.JPG

 

巡拝用品の展示

 

CIMG0515.JPG

 

最近はスライドを用いて説明を行っています。

 

CIMG0522.JPG

 

暑い中多数ご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

 

CIMG0500.JPG   CIMG0498.JPG

                                  

 

オマケ

建設中の東京スカイツリー

 

8/22現在、428m。

予定では最高634m、と言うことは3分の2を越えた辺りでしょうか。

2010/08/22 |  説明会 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

四国新聞広告&OHK岡山放送CM

四国新聞広告100822

 

「こころの旅人」の説明会のご案内です。

広告もCMも、結構こだわりました。

こころの旅人のツアーの楽しい雰囲気が伝わるでしょうか?

 

■説明会(香川・岡山)

 8/28(土)14:00? ママカリフォーラム

 8/29(日)14:00? サンメッセ香川

※その他の会場、詳しい場所は http://www.kokotabi.net/briefing/index.html

 

お気軽にお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2010/08/17 |  掲載広告のご案内 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

ブルーベリー

長野県某所にて、ブルーベリー狩り(摘み?)を体験しました。

 

CIMG0466.JPG

 

ブルーベリーの木が一列に並んでいて、

その間の通路から手を伸ばして、ブルーベリの実を摘みます。

 

CIMG0464.JPG

 

青色の実が熟した果実

木ごとに、微妙に味が違う。

 

酸っぱいのがあれば、甘い物も。

 

食べ出すと止まりません。

 

CIMG0465.JPG

 

この場所の海抜は900m、

四国霊場に置き換えると66番雲辺寺さんの標高と大差ありません。

 

先日雲辺寺さんに行った時は、下界の暑さを忘れるような涼しさでしたが、

この辺りは、全域がそうですね。

 

もぎたて果実と、避暑を味わうことができました。

2010/08/16 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

オリーブの木

事務所の前に植わっているオリーブ。

 

CIMG0485.JPG

 

いくつか実をつけていました。秋になれば、熟した黒い実へと変わることでしょう。

 

 

香川県と言えばオリーブ 、県木がオリーブです。

香川と言うより、小豆島(しょうどしま)=オリーブのイメージですが。

 

CIMG0487.JPG  CIMG0488.JPG

 

その小豆島を中心とした周辺七島+高松港周辺で、

現在「瀬戸内国際芸術祭」(略してセトゲイと言うそうですよ)が開かれております。

詳しくはこちら

 

アートには疎い私、ここでは多くを述べることは叶いませんが

香川県でアートと言えば「直島」

 

CIMG0476.JPG

 

直島の全景

 

用事あって、香川県庁へ行きました。

当庁の21階は展望台になっていて、晴れた日には瀬戸内海はもちろん、岡山まで見渡せます。

 

仕事サボって、展望台からの景色を眺めてました。

 

CIMG0478.JPG

 

屋島全景

 

東側を見渡すと、84番屋島寺がある屋島。

屋根の形に見えるから、って説明でもなんでもないですが。

 

CIMG0477.JPG

 

屋島が海に落ちる辺り、少し霞んだ山並みが小豆島です。

 

小豆島には、お大師さんが立ち寄ったという由緒正しき霊場があり、

地元の人達に守られた「小豆島八十八ヶ所霊場」

 

これも、また魅力的なお寺参りです。 ←アートの話をできない人

 

CIMG0482.JPG

 

西側を眺めてみました。

瀬戸大橋が見えるかな? と思いましたが、角度的に、五色台に隠れて見えないようです。

 

その代わりにはっきり見えたのが、大槌島。

正三角錐の、無人島です。

この島を横に真っ二つに割ったのが、岡山/香川の県境です。

 

 

いずれにしても、これだけの島が見渡せるのは、稀!

久しぶりの登庁でしたが、楽しいひとときでした。

2010/08/11 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

66番雲辺寺

涼しかった横峰寺さん、

二匹目の泥鰌を求めて、山の寺、雲辺寺さんへ向かいました。

 

CIMG2320.JPG

 

雲辺寺・本堂

 

新しい本堂になって、1年くらい経ったでしょうか?

石像の御本尊さん(千手観世音菩薩)を拝観することができます。

 

CIMG2319.JPG

 

雲辺寺と言えば「おたのみなす」

 

「茄子」を「成す」とかけて、この腰掛けに座って願い事をすると、叶うと言われています。

 

当地では、お守りに茄子を象った物が並んでいます。

 

 

明け方から登った横峰寺さんは涼しかったですが

昼下がりに行った雲辺寺さん、日陰がとても涼しかったです。

 

四国八十八ヶ所最高所(標高が一番高いところ)は、この66番雲辺寺さんです。

2010/08/10 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

参拝後の入浴と、ランチ

下山後は温泉へ

向かった先は、しこくやさん

 

四国の人にとっては「りんりんパーク」と言った方が、馴染みがあるでしょうか?

国道11号沿い、高松から来た場合は桜三里の手前です。

 

バス遍路・歩き遍路問わず、よく利用させて頂いているお宿でもあります。

 

汗を流した後の入浴! 幸せな瞬間。

お遍路ができることと併せて、日本人に生まれて良かったと思えるひとときです。

 

 

 

その後はランチへ

同じ小松町内、伊予小松駅前のマルブンさん

 

CIMG2310.JPG

 

愛媛県内では、ちょっと名の知れたレストラン。

松山や新居浜にもお店がありますが、本家は駅前の小松店。

 

CIMG2300.JPG

 

オムライス 大

 

CIMG2302.JPG

 

名前忘れた、パスタです

 

いくら体を動かした後とは言え、食べ過ぎた?

 

 

食べ物が美味しい

お腹を空かせた

体を動かして山に登った

 

 

これも、お遍路で感じることのできる、ご利益ですね。

 

CIMG2311.JPG

 

店先にある遍路石

 

いよ小松駅の近く

と言うことは、すぐそばには62番・宝寿寺さんがあります。

あいにくの時間だったので参拝は叶いませんでしたが、

車/歩き、いずれのルート沿いにもあるので、お遍路道中の食事に組み込む事が可能です。

 

しこくやさんとマルブンさん、オススメのお店です。

2010/08/09 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

60番横峰寺 + 奥の院・星が森

四国八十八ヶ所の中で、標高第3位の高さに位置するのが、60番・横峰寺。

 

暑い日が続いておりますが、早朝の山の上は涼しいだろう!

と、勝手に期待して登ってきました。

 

CIMG0437.JPG

 

ルートは湯浪(ゆうなみ)から、1:30くらいの道のりを経て、山門が現れます。

 

山門が現れた所でお寺の境内はすぐそこだけれど、楽しみはひとまず置いといて

門を潜らずに、進路を右へ。約10分歩くと・・・

 

CIMG0445.JPG

 

奥の院・星が森に到着です。

通称「鉦鳥居(かねとりい)」 鉄製の鳥居が、お迎えです。

 

その鳥居から望むお山は・・・

 

CIMG0442.JPG

 

日本百名山・石鎚山です。

残念ながら頂上付近は、雲がかかっておりました。

 

 

当初期待した通り道中・山上は涼しく、下界の暑さを忘れるようでした。

 

ただ、虻(アブ)の多いこと!

 

立ち止まっている時はもちろん、歩いてる時でさえ、チクッ ←蚊より、明らかに痛い

 

 

登山道を登っている時はそうでもなく、

 

山門?星が森?境内

 

にかけて多かった気がします。

やはり人気(ひとけ)のある場所に、虻も寄ってくるのでしょうか?

夏のお山は、虫除け必須です。

2010/08/08 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

【8/8掲載】 読売新聞(関東版)掲載広告

 

明日は8/8。月と日を組み合わせると88。

そんな四国八十八ヶ所と縁深い日に、関東の読売新聞にてお遍路説明会の告知広告を掲載いたします。

読売新聞(関東版)広告2010.08.08

 

ツアーをお申込みの方、これから考える方、四国八十八ヶ所に興味がある方もお気軽にご参加頂ける内容になっております。

説明会の詳しい場所は、http://www.kokotabi.net/briefing/index.html をご覧ください。

(予約制となっておりますので、フリーダイヤル0120-979-459へ。)

2010/08/07 |  掲載広告のご案内 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.6 津嶋神社大祭

8/4 津嶋大祭 行ってきました!

 

まずは橋を渡って、神社本殿を目指します。

早起きして開門と同時に来る予定が、寝坊した・・・

 

もう、人がいっぱいです。

 

CIMG0391.JPG

 

潮が引いているので、

実際のところ海を歩いて渡れそうです。神様に敬意を払って、橋を渡りましょう。

 

CIMG0412.JPG

 

入口で300円の渡橋料を納めて、橋を渡ります。

左側通行の、追い越し禁止。みんなゆっくり。

 

CIMG0400.JPG

 

橋を渡りきり、本殿のある島に上陸。

 

CIMG0404.JPG

 

本殿手前に、数多くのベビーカーの駐車。

ここからは僅かながら階段ですからね、皆さんきれいに縦列駐車されています。

 

この数こそが「子どもの守り神」たる所以ですね。

参拝者さんは、子どもとそれを連れた若い婦人が多いように思いました。

 

CIMG0401.JPG

 

ご祈祷されておりました。

私には子どもがいませんので、ご祈祷はナシ。賽銭を入れて手を合わせて。

 

全世界の子ども達が、あらゆる惨禍に巻き込まれませんように。

 

CIMG0394.JPG

 

日本一営業時間(日数)が短い「津島ノ宮駅」。

一年で二日だけの、盛況ですね。

 

CIMG0387.JPG

 

津嶋神社を後にしました。

2年前の写真と比べると、タンクの上のイルカの色が褪せています。

 

 

人間って「限定」って言葉に弱いんですね。私もその一人。

 

 

 

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.1 奥祖谷二重かずら橋

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.2 月山神社

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.3 引田

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.4 佐田岬

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.5 大釜の滝

2010/08/04 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

1年に2日だけ! 津嶋の宮へ

香川に来てから、ずっと行きたい場所があります。

 

DSCN0304.JPG

 

三豊市 津嶋神社  場所ここ

 

子どもの守り神として、親しまれている神社です。

小生、今の所は守る子どもはおりませんが、この海に伸びた橋に感じる物があります。

 

DSCN0301.JPG

 

普段は渡る事はできません。

 

この橋に板が敷かれて渡れるのは、毎年8月の4日と5日の、2日間のみ。

 

そう、明日なんですよ!

 

DSCN0298.JPG

 

最寄り駅は津島ノ宮駅。予讃線の海岸寺駅と詫間駅の間にあります。

 

とは言っても、こちらはお祭りのある8/4と8/5の2日間のみの臨時駅。

(休止中の駅を除くと)日本で一番営業時間の短い駅 なんです。これもある意味、秘境駅

 

DSCN0294.JPG

 

車は自粛下さい、でもバイクはどこでも停めれます。ライダー万歳。

(この写真と同じ場所は無理でしょうが・・・)

 

 

明日は早起きして行って来ようかな!

2010/08/03 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.5 大釜の滝

国道193号と言えば、いわゆる「空港通り」

高松市内に住む者にとっては、高松空港へのアクセス路、

もしくはちょっとひとっ風呂・塩江温泉へ向かう道、

もっと足を伸ばして「うだつの街並み」で有名な脇町に抜けるルート?

 

いずれも正解なんですが、この国道がそれより先どうなっているか知ってますか?

 

DSCN0588.JPG

 

徳島県那賀町・素掘りのトンネル 場所ここ

 

昔の人が、岩盤をツルハシで叩いて貫通させたのでしょう。

 これが、空港通りと同じ国道193号のあるトンネル。 

 

DSCN0590.JPG

 

中に電灯はありません。

出口の明かりが、僅かに見えるだけです。

 

中での離合も難しいですね。とは言え、ここを通る車はごく僅かですか。

 

DSCN0591.JPG

 

近くにある日本百名滝の一つ・大釜の滝。

トンネル出口(北側)のすぐ 左側、川の流れの方を覗くと見ることができます。

 

駐車場が無いので、いくら交通量僅少の道とは言え、停める場所には注意が必要。

 

そして、ここに至るアクセス路は道幅狭小なので、安全運転で参りましょう。

 

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.1 奥祖谷二重かずら橋

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.2 月山神社

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.3 引田

お遍路空白地域発掘シリーズ vol.4 佐田岬

2010/08/02 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

秘境の駅

青春18切符のシーズンですね。

小生もういい歳ですが、今でも使用します、心の18切符。

 

数年前と比べると、路線廃止やダイヤ改正によって、

ずいぶん使い辛くはなってしまいましたが、今シーズンも、まだまだ青春したいと思います。

 

CIMG0379.JPG

 

只見(ただみ)線 : 田子倉(たごくら)駅 福島県

 

 

秘境駅の訪問

と言うのが、静かなブームになっているようです。

 

 

秘境駅の定義↓

 

☆無人駅

 

☆利用客僅少

→駅自体の利用客数が、限りなくゼロに近いこと

 

  ☆到達難易度が高い

→車道から極端に離れていること、そもそも僻地・辺鄙な場所にあって徒歩でも到達が厳しい

→列車においても、運行本数がごく僅かで到達が難しい

 

これらの条件を満たすのが、秘境駅と呼ばれるそうです。

 

CIMG0377.JPG

 

倉庫のような建物の内部に、下り階段が存在します。

 

CIMG0374.JPG

 

階段を下ると、ホームが現れます。目の前には、田子倉ダムが広がります。

 

CIMG0375.JPG

 

田子倉駅は、県境の駅でもあります。大白川駅は、新潟県になります。

 

 

この駅が秘境たる所以↓

 

tago2.jpg

 

冬の田子倉駅

 

当地は、日本有数の豪雪地帯です。

並行する国道は積雪のため、年の半分くらいは通行止めになります。

 

その際の代替交通手段は、この只見線しかありません。

 

田子倉駅周辺には民家はありませんが、数年前までは真冬でもクソ真面目に列車は停車していました。

但し、下車したところで次の列車は数時間後(通常1日3本)、最終列車が行った後は何かあっても、どうにもなりません。

オマケに道路は通行止めなので、救急車はこれません。夜はマイナス数十度の世界。携帯も一部圏外。

次の列車は翌朝ですから、事件が起きないように積雪期の駅停車を止めた・・・

 

無人駅なのはもちろん、

駅の営業期間は遅春から初秋まで、

それも1日3往復、

冬の間は停車しないので到達すら不能

 

上記の「秘境駅の定義」を全て満たしている田子倉駅は、純然たる秘境駅と言えます。

2010/08/01 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 2010年7月 |  メイン  | 2010年9月 »

こころの旅人ブログ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • お遍路ブログ
  • 初めてのお遍路講座
  • 巡拝用品取り扱い中
  • モンベル フレンドショップ
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • youtube

このページの先頭へ