2011年1月アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

2011年1月アーカイブ

神戸・大阪・京都で説明会を開催します!

1/29(土) 新宿会場での説明会が無事に終了しました!

たくさんのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。

〈新宿説明会担当 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 山上、堀、宮井〉

 

新宿に引き続き、神戸・大阪・京都でも説明会を開催します!

-------------------------------------------------------------------------

【神戸】 3/12(土) 10:00?

場所:神戸国際会館 第2会議室

 

【大阪】 3/12(土) 14:00?

場所:コンソルトホテル 井筒・羽衣部屋

 

【京都】 3/13(日) 10:00?

場所:メルパルク京都 会議室2(桂)

--------------------------------------------------------------------------

詳しくはこちら→http://www.kokotabi.net/briefing/index.html

ご来場お待ちしております!

2011/01/31 |  説明会 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

リビング福岡南・福岡中央・北九州

リビング福岡南・リビング福岡中央・リビング北九州 に広告が掲載されました!!

 110126_0956~001.jpg

 

【リビング福岡中央・リビング福岡南】

110126_0958~001.jpg

【リビング北九州】

110126_1022~001.jpg

 

内容は・・・

「お遍路さん入門講座&旅行説明会」

110126_0958~002.jpg

110126_1023~001.jpg

四国八十八ヶ所霊場公認先達とお話しできる貴重な機会です!

ぜひご参加ください☆

 

お問い合わせは新日本ツーリスト予約センターまで→087-823-5678

 

2011/01/26 |  掲載広告のご案内 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

岩屋寺へ向かう道の下見

先日、雪の久万高原を越えた2つのグループ

 

1. 冬の久万高原へ 第一ラウンド

2-1. 冬の久万高原へ 第二ラウンドvol.1

2-2. 冬の久万高原へ 第二ラウンドvol.2

 

私自身がその余韻に浸っておりますが・・・

 

来月2月、この二つのグループは更に山奥、雪の多い方へ歩みを進めて参ります。

少し早いですが、状況はどんなものかと下見

 

CIMG1165.JPG

 

45番岩屋寺、麓の集落

自家用車・バスで来た場合、こちらの集落を通って境内を目指します(約20分)。 

 

CIMG1166.JPG

 

古岩屋バス停

国民宿舎古岩屋荘さんの前

貴重な貴重な、公衆トイレがあります。

 

同町内では、宮成集落(ここ)並に雪が残っています。

 

ちなみに、民間の路線バスが廃止になってました・・・

内子・小田方面も路線バスの廃止が相次いでいるようですが、

アシを持たない高齢者さん、生活は大変であろうと想像します。

(町営のコミュニティバスは運行されています)

 

CIMG1169.JPG

 

歩き遍路は、45番に向かって「八丁坂」という急坂に挑みます。

 

これがその入口。

 

目視できる足跡はわずかに 1つ

この先山奥へ行くと、どれくらい雪があるんでしょうか?

 

自分達が行く時は、ラッセル覚悟です。 

 

CIMG1171.JPG

 

千本峠入口

通称「高野(たかの)越え」

この峠は登りがキツい上、標高も岩屋寺並。

 

避けて県道・国道経由で行く手もあるので、天候・積雪状況によってはパスです。

 

CIMG1163.JPG

 

オマケ

遠く、石鎚山が見える場所がありました(こちらは岩屋寺さんの方ではありません)

 

 

歩行当日を、楽しみに待ちましょう。

2011/01/25 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

別格8番出石寺

別格二十霊場のお寺さんの中には、行くだけで一苦労

そんな場所に位置する寺院が、珍しくありません。

 

CIMG1150.JPG

 

その中でも、一番は別格8番の出石寺(しゅっせきじ)

標高812mの金山(きんざん)の山頂に位置します。 

 

CIMG1152.JPG  CIMG1154.JPG

 

海からそう遠くないとは言えその高さ。この時期は雪に覆われます。

 

CIMG1158.JPG  CIMG1159.JPG

 

境内は真っ白

当山の縁起に出てくる「お手引きの鹿」も、雪上に佇んでいます。

 

 

ここまでは普通の映像

一番びっくりしたのが、

 

CIMG1157.JPG

 

手水(ちょうず)

 

高い山に水があること自体驚きですが、

この時期来るか来ないかわからない参拝者の為に貴重な水の提供とあっては、頭が下がります。

 

 

CIMG1161.JPG

 

表はこんな感じ、氷のアートです

 

 

この時期、車輌は滑り止め(スタッドレスタイヤ・チェーン)がないと境内までは行けません。

参拝に行かれる方は運転に気をつけて、暖かくしてお出かけ下さい。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/01/24 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

冬の久万高原へ、第二ラウンド vol.2

下坂場峠を越えると、久万高原町。宮成(みやなる)集落に出てきます。

この付近では珍しい、自販機がある集落(夏には重宝します)

 

DSCN3490.JPGのサムネール画像  DSCN3485.JPG

 

今の時期は、雪に閉ざされています。屋根の雪が、半端無い。

 

DSCN3494.JPG  DSCN3498.JPG

 

次なる峠、鴇田(ひわだ)峠へ

 

しばらく上がると、道が雪に覆われてきましたが・・・

先の峠と違い、圧雪路面に積もった部分の感触はフカフカ。

 

新雪です。

 

夜から朝にかけて、新たに降ったのでしょうか。

なかなか味わえる物ではありません。

 

このツララ群も、そうですね。前回の物を凌ぐスケールです。

 

DSCN3505.JPG  DSCN3507.JPG

 

鴇田峠遍路道分岐

由良野の森さん辺りから、遍路道分岐。

 

そこまでは車道であり、除雪もされていて、車が通った轍もついています。

 

が、ここからは(本日)人跡未踏の地

 

先達としましては、間違いない針路を取り、

尚かつ体でラッセルをして、後続の人が歩き易いように進路をつけて行くのが使命

 

DSCN3502.JPG  DSCN3508.JPG

 

私に続いてもらい、拓いた道を更に広げていってもらいます。

せいぜい肩幅くらいでしょうか。それでも立派な、先駆者の道。

 

DSCN3515.JPG  DSCN3520.JPG

 

進むだけではいけません。

雪の上を歩くことどうなるか、物凄く汗をかきます。水分・食糧補給が欠かせません。

 

DSCN3523.JPG  DSCN3528.JPG

 

決して広くない拓いた道ですが、踏み外すと大変。ゆうに膝辺りまで雪があります。

 

DSCN3536.JPG  DSCN3532.JPG

 

鴇田峠を越えたところにある、公衆WC

屋根が、ショートーケーキみたいになっています。

 

 

参考までに、どれだけ埋まるか

 

身長170cmの私、太ももくらいまで埋まります。

 

DSCN3538.JPG  DSCN3539.JPG  

 

久万の街へ下りていくにつれ、雪は減ります。日陰は凍っているので、慎重に。

雪質も新雪から、ジャリジャリの氷雪になってきました。

 

国道33号を越えて、44番大宝寺の総門前にて、一礼

 

「総門」とは、大宝寺にはいくつもの山門・中門があり、その昔は数多の僧坊を抱えていた名残でしょうか。

歩き遍路であれば、この総門をくぐることができます。

 

DSCN3543.JPG  DSCN3549.JPG

 

大宝寺さんはそこそこの高さ(標高)があり、ほぼ日陰なので積もった雪が数日経って凍ってます。

乗用車で下に来て上がるにしても、気をつけて境内に向かって下さい。

 

2日前と比べると雪は少し減り、灯明台・線香台の近く等は雪が除けられていました。

お寺さん、ありがとうございます。

 

雪の峠越えなどありましたが、今回も無事にお参りすることができました。

雪の歩き方にご理解を頂き、ついてきて下さった皆さんのおかげ。お疲れ様です。

 

 

先の第一ラウンド、今回の第二ラウンド。この2つのグループ、次は2月に45番岩屋寺さんに向かいます。

更に寒い時期、雪が多い方へ、標高を上げて。どうなることでしょう??

 

この時期、この場所でしか見ることができない、素晴らしい景色が待っていることでしょう。

来月の歩き遍路が楽しみです。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/01/20 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

冬の久万高原へ、第二ラウンド vol.1

久万高原遍路本番・第二試合

 

の、前に

 

内子町にある内子座

 

DSCN3457.JPG

 

大正天皇の即位を祝って開設の劇場

当時は木蝋や生糸の生産で栄えていた頃、地元の人々の娯楽のため建てられました。

 

今でこそ古い街並みに関心が集まり、昔から大事にされてきた建物と思われがちですが

昭和後期には老朽化により、取り壊しが検討されていたようです。

 

現在の内子座は、昭和60年に改修・復元されました。

 

 

 

さて、

 

DSCN3464.JPG DSCN3465.JPG

 

皆様の関心事はこちらでしょうか。

 

雪は総津(旧広田村)の落合トンネルを出て、県道に分岐する辺りから出現

ここからは標高が上がり、それに伴い積雪が倍々ゲームに増えていきます

 

オマケに時間は朝(8:00頃)。

道、凍ってます。アイスバーンってやつです。滑ります。

 

アイスバーンだと、まだマシですね。本当に怖いのは、ブラックバーン(融けた雪が凍って、道路と同じ色になっている様子)

 

四国のほんの一部地域では、こんな場所があるんですよ。

 

DSCN3467.JPG DSCN3471.JPG

 

三嶋神社に到着

当グループの、初詣はこの神社でした。休憩後、2礼・2拍手・1礼をして、出発

 

DSCN3472.JPG DSCN3474.JPG

 

畦々(うねうね)集落から分岐、下坂場峠へ向かう遍路道を上がっていきます。

(ちなみにこの「畦々」集落まで、内子町営のバスが運行されています)

 

やがて、道が雪で覆われました。

 

DSCN3476.JPG DSCN3481.JPG

 

(おそらく積雪で折れ曲がった)倒木が、あちらこちらに。

山を分け入り、谷が深くなるにつれ雪も深くなります。

 

畦々集落から、約40分

踏んだ感触から、最近降った雪と言う感じではありません。

我々が通り道をつけることによって、後から通るお遍路さんが少しでも歩き易くなれば、光栄です。

 

でも、

雪を踏みしめ登りながらでも、かかる時間は通常期とあまり変わらないみたい、ここは。

 

 

苦境は、この後訪れるのであった   vol.2に続く

2011/01/19 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

冬の久万高原へ、第一ラウンド

久万高原遍路本番・第一試合

 

DSCN3408.JPG DSCN3415.JPG

 

前回の下見から2日経過、 期待通り白銀の世界

遍路でこのロケーション、季節(冬)と場所(久万)が合致しなければ、味わうことはできません。

 

途中の三島神社で一休み

 

DSCN3419.JPG DSCN3421.JPG

 

それから先、積雪が多くなりました。道は登りに、どんどん高度を上げていきます。

随所に遍路道の入口がありますが・・・これを行くのは大変です。

今回は、車道経由を選択させていただきました。

 

DSCN3406.JPG DSCN3428.JPG

 

寒いです。 滝が凍っていました。

真弓隧道近辺、特に出口の久万高原町に入ったところが一番の積雪箇所。

歩道が除けた雪で埋まっており、車道(路面凍結)を歩くことに。

 

この(凍った)雪の上、路上の4分の1は歩行者の列、車の運転は大変でしょう・・・

 

DSCN3438.JPG DSCN3444.JPG

 

44番大宝寺到着

登りの参道は積雪、どちらかと言えば氷結

雪が降ってから日が経つため、根雪となっています  =とても滑る! 

 

お清めの手水も、何と冷たいこと

でも、皆さん手袋を外して しっかりお清めされておりました。

 

 DSCN3450.JPG DSCN3453.JPG

 

参拝後の下山は、車道を

と言っても、所々凍っているので、用心が必要

 

 

久万の街、一日天気は良かったけれど、それでもまだこの積雪量

しばらく天気が良いみたいですが この冬は雪が多いので、まだまだ侮れません。

 

明日・明後日と、再び同コースの御案内。

このまま晴天が続けば、第二試合はもう少し融けているのかな。

2011/01/18 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

久万高原へ向かう道の下見

来週、44番大宝寺(愛媛県久万高原町)へ向かう御案内があります。

 

久万と言えば別名 「四国のチベット」

四国内では珍しく、雪が積もる場所。今冬の場合、雪の降り方が例年になく強烈です。

このまま御案内するには不安が残るので、下見に出向きました。

 

PH_202.jpg PH_204.jpg

 

いや?

 

御案内前に、来てみて良かった

 

PH_208.jpg PH_207.jpg

 

来て、私がびっくりするわけにはいきませんから(^^;) 心の準備ができました。

 

PH_209.jpg PH_210.jpg

 

下坂場峠の辺りは、標高が高いのかして特に強烈。

下から登ってくる遍路道を覗いてみましたが、これを登るのは大変です。

 

スコップで掻きながらだと日は暮れるだろうし

人間ラッセルだと体力勝負 →自信ないっす

 

こういう場合って、車道行った方が(除雪されていて)まだ良さそうです・・・

 

PH_215.jpg PH_213.jpg

 

宮成(みやなる)という集落、民家の屋根の雪もすごい。

 

PH_216.jpg PH_217.jpg

 

農祖峠(のうそのとうげ)入口

先の宮成の先にある鴇田峠(ひわたとうげ)越えが無理そうなので、もう一つの峠の入口に来てみましたが・・・

こちらも越えて行くのは難しそうです

 

残るもう一つは、真弓トンネル経由

ここだと国道であるからして、ある程度の除雪は期待できます

 

PH_218.jpg PH_220.jpg

 

真弓トンネルを抜けて、久万高原町入ったところ

雪の量は多いですが、道路は除雪されていて歩き易そうです

 

見ての通り、歩道はあっても 除雪された雪が積まれており、実質歩けない状況

車道を歩くことになるでしょう。コワー

 

 

本番は1/18と1/20 この2回です。

個人で歩かれる方、くれぐれもお気を付けて!

2011/01/15 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

12番焼山寺

四国最大の難所と言えば、焼山寺(しょうさんじ)。

 

CIMG1128.JPG  CIMG1129.JPG

 

札所標高は、66番雲辺寺に次いで第二位。この時期は雪も覚悟・・・

今回、(雪は)そうでもない?

手水(ちょうず)の水も、凍っていないし・・・

 

CIMG1133.JPG  CIMG1136.JPG

 

と思ったら、期待通り降ってきました、雪

お大師さんのお参り終わって振り返ると、うっすら雪化粧。

雪は雨と違って音がしないので、静かな使者が舞い降りてきた感じです

 

CIMG1132.JPG  CIMG1134.JPG

 

線香台や、境内も徐々に白く・・・

 

CIMG1137.JPG

 

焼山寺さんからの下りの道も、この通り

 

これくらいじゃ積もったとは言えません。下山に差し支えナシ

 

 

四国=カツオ(黒潮)、みかん

 

全てが温暖だと思っている貴方。

 

気をつけて下さいね

 

山の札所や、愛媛県の一部など 雪が積もる所、所々あります

 

特に今冬よく耳にする 観測史上二番目に多い積雪

 

44,45番がある久万高原は例に漏れず、特に雪が多いみたい。

 

来週行くのですが・・・ 楽しみ

2011/01/09 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 2010年12月 |  メイン  | 2011年2月 »

こころの旅人ブログ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • お遍路ブログ
  • 初めてのお遍路講座
  • 巡拝用品取り扱い中
  • モンベル フレンドショップ
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • youtube

このページの先頭へ