2011年3月アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

2011年3月アーカイブ

日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密

愛媛県大洲市長浜町

八十八ヶ所札所はなく、お遍路にはあまり縁のないお土地柄。

 

肱川(ひじかわ)河口に掛かる、長浜大橋(通称 : 赤橋)

 

CIMG9801.JPG  CIMG9802.JPG

 

国内では現存最古の跳ね橋であり、幅員はやや狭いものの乗用車が通行可能

今でも地元住民の生活道路として、利用されています。

 

CIMG9803.JPG  CIMG9804.JPG

 

橋の完成は、昭和10年。

跳ね橋と言えば、有名なのは東京・隅田川に掛かる「勝鬨橋(かちどきばし)」

そちらは昭和15年の共用で、現在は稼働停止。橋が上がることはありません。

 

赤橋は大変希少な存在です。 

 

CIMG9805.JPG  CIMG9806.JPG

 

橋の中央部に管理棟、そして橋を持ち上げる時の重り。

元々舟の航行のために考案されたのが跳ね橋ですが、今はその使命を終え、

点検と、私のようなマニアを喜ばせるために、毎週日曜日・13:00に橋が上がります。

 

CIMG9807.JPG

 

あまり知られていませんが、この橋には秘密があります。

 

CIMG9808.JPG  CIMG9809.JPG

 

太平洋戦争時、米軍機グラマンによる機銃掃射の跡(弾痕)

 

CIMG9811.JPG  CIMG9810.JPG

 

よく見ると、そこらじゅうに!

 

CIMG9812.JPG  CIMG9813.JPG

 

目を凝らして見てみましょう。弾痕が確認できるハズ

 

奥の橋は、新長浜大橋(通称 : 白橋)

幹線道路としての機能は、現在は白橋に移行

 

CIMG9814.JPG  CIMG9815.JPG

 

橋脚をジロジロ、カメラを接写する姿が、地元住民には不思議な光景に映ったようです。

「何撮りよん」 

 

CIMG9816.JPG

 

元の場所に戻ってきました。

最初は気付かなかった、石柱の弾痕

 

CIMG9817.JPG  CIMG9818.JPG

 

鋼鉄の橋脚もそうですが、石に跡残った跡

これが空から降ってくるのですから・・・その恐怖と言えば、想像がつきません。

 

この橋が狙われた理由として、

呉や広島、岩国など山陽地域の軍需工場密集地帯を狙う際、不幸にもその通り道となっていました。

サイパンやグアムなど、太平洋の基地に帰投する際銃弾を積み残したまま帰ると、

 

「テヲヌイタダロ!」

 

上官に叱責されてしまいます。

なので、捨て玉として格好の的となった。との説が有力です

 

無抵抗の橋を銃撃するなんて、パイロットからすればゲーム感覚だったと想像します。

 

 

戦争は恐ろしい。。。

 

 

DSCN4671.JPG  CIMG9819.JPG

 

展望台に来てみました。新旧長浜大橋の、お目見え。

  で縁起が良いですね。

 

CIMG9820.JPG  CIMG9821.JPG

 

新橋が完成したら旧橋は撤去される予定だったらしいのですが、

地元の熱心な保存運動により、今も残っているようです。

 

その歴史的価値もさることながら、身近な戦争遺稿として、末永く後世に伝えていきたい、赤橋。

今度来る時は、開いたところを見てみたい。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/20 |  オフ |  , 愛媛県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

八幡浜の防空壕探検

愛媛県八幡浜(やわたはま)市

八十八ヶ所札所はなく、お遍路にはあまり縁のないお土地柄。

 

この街の名を耳にするのは、

ちゃんぽん

みかん

どーや市場(観光魚市場)

九州行きのフェリー

 

他にも「四国初」と言われる物がこの街には数多くありますが、

キリがないので割愛

 

 

今回は、防空壕があるとの情報を得たので、探検してきました。

 

CIMG1111.JPG  CIMG1112.JPG

 

市役所の近く、狭い路地の間に入口の看板

 

CIMG1113.JPG  CIMG1114.JPG

 

カギは近隣の民家からお借りします。

扁額は当時のまま、浜の字が「濱」ですよ。

 

CIMG1115.JPG  CIMG1116.JPG

 

カギを借りて、中に入ってみました。

入口に電源コンセントがあるので、それを差し込むと電球が点灯

決して広くないものの、天井はしゃがむことなく、十分な高さ

 

まず、目に飛びこんで来るのは講堂?

この中での授業も考えられていたのでしょうか?

御真影を掲げる場所と思われる台が存在します。 

 

CIMG1117.JPG  CIMG1118.JPG

 

更に奥へと。

白い壁は、コンクリ施工。70年以上の時を経て、今だきれいに輝いています。

 

CIMG1119.JPG  CIMG1120.JPG

 

洗面台、トイレ発見!

(公衆トイレではありません。壁のひび割れが気になります・・・)

 

CIMG1121.JPG  CIMG1122.JPG

 

トイレ横が、もう一つの出入り口でした。

 

地元の方によると

敵機が襲来して、この壕に実際に避難したケースもあるようです。

戦後しばらく放置され、住民の間でも風化した存在だったものが、平成になって発見。

地元住民の手直しを経て、復元・公開に至りました。 

 

まだまだ知らない四国、たくさんありますね。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/19 |  オフ |  , 愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

道後温泉本館

全国的知名度を誇る、松山市の道後温泉。その親玉的存在が、この本館。

 

CIMG2100.JPG

 

現在の建物は、1849年(明治27年)の完成

この年8月、日清戦争が勃発しています。

 

開湯は白鷺が湯治を行っていたとか、聖徳太子が療養で訪れた等、様々

 

松山を舞台にした小説「坊つちやん」作中にも登場することから、

「坊っちゃん湯」とも呼ばれ、作者の夏目漱石自身も訪れています。

 

CIMG2101.JPG

 

本館を後ろから見たところ

 

歩き遍路は、51番石手寺を出発すると、裏山を越えて程なくこちらにやってきます。

本館前の商店街を通り抜け、次の52番札所を目指します。

 

目指す52番太山寺さんは、こちらから約10km。

故に歩き遍路を中断して「では、道後温泉入って行きましょうか」とは、なかなかいきません。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/18 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

石手寺さんの子宝石

51番石手寺さん

お大師堂前には、石にまつわる祈願をすることができます。

 

CIMG1365.JPG

 

子宝石と言って、

1. 何も書かれていない丸い石を探し、持ち帰る。

2. 家に持ち帰った後は塩水で清め仏壇かそれに準ずる清浄な場所(足が触れない場所)にお祀りする

3. 子どもが無事生まれたら、お祀りしていた石に名前と誕生日を記入する

4. 近所の河原・海岸で同じように丸い石を探し、手に入れる

5. 名前を書いた石、何も書いていない新しい石 共に51番に持参し、返納する

 

?以上?

 

CIMG1364.JPG

 

安産祈願、石手寺さん独自のおまじないですね。

ちなみに、最初に手に取る石は 丸ければ丸いほど 良いとされています。

角が取れて、心がまあるい子に育つそうですよ。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/17 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

一畑寺、目に効くお薬師さん

出雲と言えばかの有名なお社があり、神話も数多く伝わっていることから、神社ばかり?

と思われるかもしれません。

 

いやいやいや。お寺もあるんですよ。

 

CIMG1452.JPG  CIMG1453.JPG

 

一畑寺(いちばたじ)に行ってきました。

目に効くお薬師さんで有名です。四国でも52番太山寺に移されています。

 

CIMG1454.JPG  CIMG1455.JPG

 

なが?い参道

 

ではないです。ざっと100段くらい?

お薬師さんを祀るお山(お寺)に多い山号「医王山」

お四国では、23番・46番・74番・88番が同様の山号です(抜けてたらご指摘下さい)。

 

CIMG1458.JPG

 

立派な本堂です。目の祈願として、全国から参拝者が訪れるというのも納得

 

・・・でもないくらい空いてました。

雨で、寒くて、世相と相まってでしょうか。でも、その方が静かにお参りできて嬉しかったり。

 

CIMG1460.JPG  CIMG1457.JPG

 

「め」の祈願絵馬

この一畑さんは、中国観音霊場の26番札所でもあり、観音様を祀る観音堂も境内に存在します。

 

 

CIMG1446.JPG  CIMG1447.JPG

 

近くにある一畑電鉄(通称 : ばたでん)の駅を訪ねてみました。

ばたでんは、松江 or 出雲市発、

沿線に出雲大社・一畑薬師と言ったビッグネームの神仏霊場が存在する、非常にありがたい電車。 

 

そうこうしていたら、駅に電車が入ってきました。

この一畑口駅、スイッチバック構造になっていて、次にこの列車が出て行く方向は左奥方向。

昔は一畑寺の近くまで線路があったようですが、戦時中に休止となりこの運行形態になった様子。

 

CIMG1450.JPG

 

運転士さんが前に来て、これから松江方面へ向けて発車

それにしても年季の入った車輌。元々南海電鉄で使われていた車輌だそうです。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/16 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

たまごかけごはん

岡山県美咲町「食堂 かめっち。」 場所ここ

 

CIMG1435.JPG

 

たまごかけごはんブームの先駆者であり、地産地消を体現するお店でもあります。

 

CIMG1440.JPG  CIMG1436.JPG

 

たまごかけごはんは、この町出身の方が広めたとの噂があるようですね。

それはともかく、幸福定食(ごはん、みそ汁、漬物)は、驚きの 300円!

 

ちなみに、卵とごはんはおかわり自由(重要)

 

CIMG1439.JPG  CIMG1438.JPG

 

一般的な醤油かけも良いですが、ここには3つの調味料があります。

「しそ」「のり」はあっさり、「ねぎ」はピリ辛でクセになる味。それらをサジで2・3杯垂らします。

 

全て味わいたい場合、ごはんを3杯おかわりしましょう。

 

CIMG1442.JPG

 

 お店の前には「幸福広場」なる屋根が、新たにできていました。

休日・連休の昼間は行列覚悟のこのお店。この日は雨だったので、屋根は大変助かりました。

 

アクセスは車だけではなく、JRの亀甲駅(かめのこうえき)から歩いても、そう遠くはありません。

地産地消にシンプルイズベスト、そして財布にリーズナブル。昨今の世相を反映したグルメと言えます。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/15 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

砂の器の舞台、亀嵩駅

静かな山陰に、ふらっと行きたくなる時があります。

 

CIMG1474.JPG

 

亀嵩(かめだけ)駅にやってきました。場所ここ

 

CIMG1477.JPG  CIMG1467.JPG

 

ここまでのアクセスは自家用車、これからも列車に乗りに来たわけではありません。

(そもそも、大雪で区間運休しています)

 

CIMG1466.JPG  CIMG1463.JPG

 

目的は、そばを食べるため!

駅舎内にある扇屋さん

 

割子そばを美味しく頂きました。

麺は腰が強く、不揃いのいわゆる「田舎そば」

お腹を空かせて来たので、ぺろりと食べてしまいました。

 

ちなみに、出雲のそばの起源は江戸時代、信州松本城のお殿様が松江に移封の際、

数人のそば打ち職人を共に連れてきたことが起源とか。

 

CIMG1468.JPG  CIMG1471.JPG

 

右手の緑の屋根が、駅舎&扇屋さん

予めお店に列車の到着時間を知らせておくと、亀嵩駅に到着した際

下車しなくてもホームで「そば弁当」を受け取ることもできます。

 

CIMG1482.JPG

 

亀嵩と言えば、松本清張「砂の器」に登場する「カメダ・・・」のこと

当初は人名と思われていたものが、ストーリーが進むにつれ、主人公がこの地を訪れ・・・

 

続きは本編をご覧あれ。東日本大震災の影響で放映延期になってしまいました。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

  

2011/03/14 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

杖ノ渕公園

松山市の48番西林寺さんの近くにある「杖ノ淵公園」

 

CIMG1339.JPG  CIMG1340.JPG

 

お大師さんが当地に来られた際、住民が水に困っているのを見て、杖で地面を突いたところ

清水が湧き出てきた、と伝説が残る地。

 

CIMG1341.JPG  CIMG1342.JPG

 

その清水はこれまで幾多の干魃に際しても枯れることはなく、今日まで保たれています

にしても、その水の綺麗なこと!

 

CIMG1344.JPG  CIMG1345.JPG

 

魚も悠々泳ぎます。

湧水は夏場は冷たく、冬場は暖かい。

 

是非訪れて、その神秘を体感してみて下さい。 

 

CIMG1338.JPG

 

あそばれません は方言ですよね?

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/13 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

FMラジオのススメ

広島に日帰り主張でした。

帰りの車内でFMラジオをききながら、緩やかに帰っていましたが・・・

 

応援メッセージ、リクエスト曲、

音声だけのお知らせながら、とても勇気付けられます。

被災していない私でさえ、元気をもらうことができました。

 

お遍路を回る元気な体があって、周囲家族の協力があって、

ご飯食べて、風呂入って、健やかに寝て・・・、そして帰る家があって。自分は幸せです。

今回の震災によって、普段の生活では当たり前にできることができなくなっている人達が大勢いらっしゃいます。

 

幸せって、意外と身近に転がっているんですね。そのことに若干気付くことができた気がします。

 

その幸せを少し、ほんの僅かで良いから、被災された方々に還元していきたい。

自分でもできる支援。今、企てています。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/12 |  こころの旅人雑記 |  , 東日本大震災 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

東日本大震災

発生当時、私は高知県の太平洋岸・室戸岬に居ました。

幸い、お参り or 歩行中ではなかったので、 被害はありません。

国道55号沿いで津波警報が盛んに流れているのを耳にしました。

 

でも、本当の被害の状況を知ったのは帰宅してテレビを点けてから。

平成の時代に、これほどの災害が起きるものかと、愕然としました。

未曾有の大災害に、一人でも被害者が出ないよう、祈るばかりです。

2011/03/11 |  こころの旅人雑記 |  , 東日本大震災 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路説明会in高松

朝日町にある、新日本ツーリストでお遍路説明会を開催しました!

IMG_1462.JPG

IMG_1463.JPG

◆説明会スタート!◆

P3090409.JPG

 ・四国88か所巡りについて

・歩いていくお遍路旅について

・バスで行くお遍路旅について

など、四国霊場会公認先達が詳しくご説明させていただきました☆

IMG_1461.JPG

◆巡拝用品の展示もあります◆ 

IMG_1464.JPG

今回の説明会は、実際にツアーを御案内するスタッフが担当させていただきました。

ツアーへの参加、お待ちしております!

P3090410.JPG

-------------------------------------------------------------------

 □こころの旅人(新日本ツーリスト) お遍路説明会□

 3月12日(土) 神戸国際会館 10:00?

3月12日(土) ホテルコンソルト新大阪 14:00?

3月12日(土) RCC文化センター(広島) 14:00?

3月13日(日) メルパルク京都 10:00?

3月13日(日) 丸亀市民会館(香川) 14:00?

3月15日(火) かるぽーと(高知) 14:00?

------------------------------------------------------------------

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 :新日本ツーリスト「こころの旅人」スタッフ  松野 結

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/09 |  説明会 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

八ツ塚群集古墳

松山市の南、八十八ヶ所札所で言えば47番八坂寺さんの近く。

田の中にこんもりした丘がいくつか立ち並ぶ風景を目の当たりにすることができます。

 

CIMG1334.JPG  CIMG1331.JPG

 

八ツ塚と言って、民間人で一番最初にお遍路を回ったと言われる

衛門三郎五男三女の子ども達が葬られた先が、この地であるとの言い伝え。

 

CIMG1330.JPG  CIMG1333.JPG

 

それぞれの丘(古墳)にはお地蔵さん、そして樹木が植えられています。

田畑に丘がぽこんぽこんと点在する風景は、秋田県の象潟(きさかた、別名 : 陸松島)のよう。

 

CIMG1332.JPG  CIMG1335.JPG

 

衛門三郎伝説は、庶民への悪行を改めさせようと訪れたお大師さんを、邪険に扱ってしまったがために、

五男三女の子ども達を次々に失い、(衛門三郎)自身が非礼を詫びるために、お大師さんを追って旅に出た・・・

 

懺悔のためにお大師さんの歩いた跡を追っかけ・回るその行為が、

四国八十八ヶ所巡礼の始まりだと言われています。

 

この場所、狭い路地の先にあるため、大きなバスで行くことはできません。

八十八ヶ所参り(四国遍路)の起源となったこの場所を見れるのは、歩き遍路ならでは

 

ここに来るとやはり、お参りの元祖は歩きだなぁと実感できる、そんな場所です。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/06 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

高知自動車道延伸 須崎西 - 中土佐

長らく道の駅かわうその里すさきでストップしていた高速道路が、延伸開業しました。

 

CIMG1388.JPG  CIMG1389.JPG

 

延伸開業は僅か7kmの距離ですが、須崎西(新荘川) - 中土佐(久礼)の間、

従来「角谷越え」と言われる旧道は、国道はカーブの連続、そんな平地が乏しい地域。

特に国道は、 歩道の無いトンネルが3つあり、 歩き遍路にとっては恐怖でした。

 

CIMG1390.JPG  CIMG1394.JPG

 

この道路の開通によって、従来の国道56号の交通量は減ったことでしょう。

途中にあったドライブイン、みかんの売店さん、その他販売店さんが心配ではありますが・・・

 

遠い遠い高知西南地域が少し近くなったことは、間違いありません。

 

<高知道>中土佐 - 窪川

は、来年3月に開通予定だそうですが、この区間の開通は更に大きいですね。

 

四国では他に、、、

 

<松山道> 西予宇和 - 宇和島北 2011年度

<日和佐道路> 小野 -  由岐 2011年度

 

こう言った箇所が、開通を控えているようです。

 

四国の高速道路整備は、まだまだですね。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/05 |  高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

21番太龍寺

 

一に焼山(しょうさん)

二にお鶴(つる)

 

三にお龍(りゅう)

 

と謳われるのは、阿波の国(徳島県)の山寺の三傑。

前回の鶴林寺さんに続く第三の難所、今回は三にお龍、太龍寺さんへ行ってきました。

 

CIMG2595.JPG  CIMG2596.JPG

 

歩いて山を上がって来ると、山門を潜ります。ロープウェイで上り下りする方は、見れません。。。

右の写真は龍天井と言って、この山に登り修行に励むお大師さんにちょっかいを出して、

天井に閉じこめられた(一説には)悪い龍とされる。

 

CIMG2598.JPG  CIMG2601.JPG

 

西の高野と呼ばれるだけあって、相応の雰囲気を備えています。

お大師堂は御廟(ごびょう)とも呼ばれ、高野山奥の院と同じ配置。

 

となると、裏に回れたりゴニョゴニョ

 

境内に遍路石がありました。最近遍路石を見つけると、興奮してしまいます。

 

CIMG2604.JPG  CIMG2605.JPG

 

大師修行の地は、正確には「南舎心ヶ岳」

ロープウェイ駅から徒歩15分なれど、なかなか行くことのできない地。今回私は行けませんでした。

15分程度の参道にはミニ八十八ヶ所があり、ご本尊様が祀られています。

これまで回ってきた札所の復習ができますよ。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/04 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

お遍路説明会in丸亀

3/2(水) 香川県丸亀市にある、丸亀市民会館でお遍路説明会を開催しました!

雨の中、たくさんの方にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

 

四国八十八ヵ所とは、巡拝用品について、バス遍路のご案内、歩き遍路のご案内、というような内容でしたが、皆さん真剣に耳を傾けていただき、活気のあるとても良い説明会になりました。

 

香川県会場の説明会はあと3回!-------------

・3/6(日) 高松会場(新日本ツーリスト内)

・3/9(水) 高松会場(新日本ツーリスト内)

・3/13(日) 丸亀会場(丸亀市民会館)

------------------------------------------------------------

実際にツアーをご案内するスタッフがご説明いたします。

バス遍路:【先達】霊場会公認先達 山上

       【蓮乗員】こころの旅人スタッフ 松野

歩き遍路:【先達】霊場会公認先達 堀

 

四国霊場会公認先達の話を聞く貴重な機会です。

また、巡拝用品も展示しております。

せひご来場ください!!お待ちしております。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 新日本ツーリスト こころの旅人スタッフ 松野結

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/03 |  説明会 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

ネコの神様

道路を車で走ってたら、気になる看板発見

 

CIMG2593.JPG  CIMG2594.JPG

 

徳島県阿南市にある「お松権現」

八十八ヶ所で言えば、20番鶴林寺さん・21番太龍寺さんの近く。

 

イヌやシカの神様は聞いたことはあるけど、ネコは珍しい(気がしませんか?)。

 

CIMG2565.JPG  CIMG2570.JPG

 

入口の鳥居、縁起を記す看板、それぞれネコがあしらわれており、

 

CIMG2568.JPG  CIMG2573.JPG

 

びっしり奉納された、ネコの像

周囲見渡すと、至る所にネコの神様

 

CIMG2569.JPG  CIMG2581.JPG

 

堂の垂れ幕もネコがあしらわれています。おみくじはネコの像に結ばれておりました。

右のネコの石像は、雑誌「Gaja」さんの、今季号の表紙に登場しておりました。 

 

CIMG2575.JPG  CIMG2590.JPG

 

本物のネコ、もちろんいます。

庶民のネコから、上品そうなネコ、黒ネコ。ここでは神様扱いですもんね。

 

CIMG2583.JPG  CIMG2585.JPG

 

しだれ海が見頃を迎えておりおりました。

受験必勝の神様と言うことで、絵馬がたくさん奉納されていましたが、図柄はやはりネコでした。

 

お松権現の「お松」と言うのは、若い女性の名前

住民の土地を取り上げた富豪の「三左衛門」。たまりかねたお松さんが奉行所に申し立てるが、

そこにはに三左衛門と共謀者の奉行の「越前」がおり、お松さんにちょっかいを出そうとする始末。

それに応じなかった報復に、越前お松さんに対して非道な裁きを下す。

絶えかねたお松さんは、大名行列に飛び込んで直訴。

この件をきっかけに囚われの身になり、日頃かわいがっていた愛ネコに恨みを伝え、処刑に殉じた。

 

その後、三左衛門越前の屋敷には、夜な夜な化けネコが現れるようになり、共謀を図ったは断絶してしまった。

 

 

 

ネコ好きさん、受験生さん、必勝祈願・・・

一風変わったネコの神様「お松権現」に訪れてみては、いかがですか?

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/02 |  オフ |  , 徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

20番鶴林寺

一に焼山(しょうさん)

二にお鶴(つる)

三にお龍(りゅう)

 

と謳われるのは、阿波の国(徳島県)の山寺の三傑。

いずれの道も、遍路ころがし(=遍路がころげるくらい急な坂の例え)と呼ばれる、難所

 

今回は二にお鶴、鶴林寺さんへ行ってきました。

 

CIMG2559.JPG

 

今回は自家用車で行ったので、難所を味わっておりません。

地蔵菩薩さん、良いお顔、と言うよりは良いお色。

 

CIMG2557.JPG  CIMG2553.JPG

 

当山の縁起は、二羽の鶴が地蔵菩薩を守っていたことを、この山に登られたお大師さんが発見、

御本尊としてお祀りするために、お寺を建てた。というのが始まりのようです。

 

境内、階段がありますので、足下にご注意を(歩き遍路で言えば来るまでも坂の連続です)。

 

CIMG2562.JPG  CIMG2560.JPG

 

山門の前で、中務茂兵衛(なかつかさもへい)さんの遍路石を発見しました。

明治から大正にかけてお遍路を回られた方で、周防大島(山口県)の出身。

18歳の頃故郷を離れ、一度も故郷に帰ることなく四国を回ること、280回!!

ちなみに、バスや自家用車、車道が普及している時代ではないので、全て徒歩での記録。

茂兵衛さんの回った回数は、歩き遍路では最多記録だと言われています。

 

この石は179度目と記してあるのでしょうか。

遍路石は四国方々にありますが、「周防国大島郡」と書いてあれば、大抵彼の物だと思います。

 

私は、裏側に注目しました。

 

「奥の院」って書いてある。

 

20番鶴林寺さんの奥の院と言えば、慈眼寺(じげんじ)さん。穴禅定で有名な、別格3番さん。

昔は20番さんをお参りした後に、奥の院へ行っていたと言いますが、その証拠を発見すると嬉しいものです。

この石から先、道が続いているようでした。まだ行ったことはないので、下見していつかご案内したい道です。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/01 |  徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 2011年2月 |  メイン  | 2011年4月 »

このページの先頭へ