南三陸町再訪

四国八十八ケ所めぐり

南三陸町再訪

7/13 津波被災地訪問・・・宮城県南三陸町志津川の続編です

 

shidu01.JPG  shidu02.JPG

 

前回、津波に被災された街をいくつか訪問させて頂いた中で、最も印象に残ったのはこの街でした。

 

静まりかえっていたことです。

他の街は、ダンプや重機が走り回っていましたが、こちらは手つかずの印象でした。

 

この防災庁舎に自然発生的に生まれたであろう献花台を見て、少しひらめきました。

自分ができることがある!

 

 

shidu03.JPG  shidu04.JPG

 

再び訪れて、献花台を作ってみました。

雨が降っても大丈夫なように、屋根を設けてみました(家庭用の郵便受けを転用しました)。

 

自宅から志津川まで1,200km離れている(ナビ計算)私には、被災地で出来る事は限られています。

普段は仕事があって滞在日数を長く取れないので、ボランティア作業に加わることができません。

 

仏事に携わらせて頂いている私ができる事を考えてみたところ、

「これだ!」と思い、実行に移しました。

 

 

灯明(ろくそく)台と、線香立て。鈴。

ろうそく・線香の予備は、左の箱に入れてあります。お参り後に火の気があれば、左の陶器にお捨て下さい。

 

 

このブログを見て、ここ(南三陸町志津川)を訪れた方。

よろしければ、ろうそく・線香を立てて頂けないでしょうか?

そして、鈴を鳴らして下さい。亡くなられた方々が浮かばれると思います。

 

 

・・・参考までに、私が習ったろうそく・線香の意味

ろうそく・・・真っ暗なあちらの世界を照らす光。日常生活で言うと、朝カーテンを開けるイメージ

       その光によって、あの世にいる方がこちらの存在に気付くことができる

線香・・・(線香を灯した時の)良い香りを召し上がって頂く。

      あちらの世界には、ごはんや魚など「たべもの」が無いため。良い香りがご馳走になる。

鈴・・・音のないあちらの世界へ送る合図。日常生活で言うと、目覚まし時計を鳴らすイメージ

    その音によって、あの世にいる方がこちらの存在に気付くことができる

 

shidu05.JPG  shidu06.JPG

 

前回は来なかった、気仙沼線・志津川駅に来てみました。線路・駅舎・信号・・・多くの鉄道施設が流失。

震災以前に来たことは無かったので、元の姿はわかりません。想像するに、トンネルを抜けたら海、

の繰り返しが多いこの区間は、単行列車がトコトコ走る、良きローカル線の雰囲気があったことと思います。

 

 

この街が復興を果たすまで、この先何年・何十年かかることかわかりません。

私自身、志津川と縁やゆかりがあるわけではありませんが、この街が復興していく様子を見守りたいと思っています。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2011/08/04 |  オフ |  , 東日本大震災 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL : http://www.kokotabi.net/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする




こころの旅人ブログ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • お遍路ブログ
  • 初めてのお遍路講座
  • 巡拝用品取り扱い中
  • モンベル フレンドショップ
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • youtube

このページの先頭へ