2012年2月アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

2012年2月アーカイブ

★長期型ツアー催行決定情報★

全国各地から募集をおこなっている下記のツアーが催行決定になりました!

-----------------------------------------------------------------------

【タクシー遍路】

4月1日出発 逆打ちタクシー遍路 全周コース

4月1日出発 逆打ちタクシー遍路 2回分けコース前半

 

4月9日出発 順打ちタクシー遍路 2回分けコース後半

 

【歩き遍路】

3月18日出発 第1回

--------------------------------------------------------------------------

まだまだ募集中です!お気軽にご参加ください。

御不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

 

P1050791.JPG

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

新日本ツーリスト? こころの旅人チーム

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!   

 

 

2012/02/29 |  催行状況 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

海の遍路道、県営渡船

かつて日本全国の川や湾で見られた「渡し舟・渡船」

橋の架橋によって、現在では風前の灯火です。

 

tosen01.jpg

 

そんな全国的な情勢にあって、高知県の32番・33番の間には渡船が存在します。

 

tosen02.jpg

 

遍路道中唯一、海の上の遍路道

こちらの高知県営渡船、料金は無料ですが運行ダイヤが存在します。

順打ちのお遍路さんが乗るのは種崎港からになりますが、

朝夕時間帯はイレギュラーとして、毎時10分の出港と記憶しておけば良いと思います。

 

tosen03.jpg  tosen04.jpg

 

地元住民 プラス 21名のお遍路さんと乗船

遍路道中唯一とあって、皆様興味津々です。

 

tosen05.jpg

 

種崎港を離れるところ

 

tosen06.jpg  tosen07.jpg

 

程なくして大きな橋が見えてきます。長さ1,480mの浦戸(うらと)大橋

元有料であるこの橋、平成14年に無料となりました。それによって、この渡し舟は苦境に立たされることに・・・

しかしながら種崎/長浜どちらの地区も、この橋を渡るには大きな迂回が必要。

かと言って安全な歩道が備えられているわけではなく、海面から最高50mある高さへの登り・・・ etc

決して歩行者には優しい橋とは言えないため、県営渡船が存続しています。

この渡船が無くなると歩き遍路さんは浦戸大橋経由の大きな迂回が必要になることから、末永く存続して欲しい路線です。

 

tosen08.jpg  tosen10.jpg

 

高知市方面

ずっと奥が高知の城下。見ての通り橋は存在しません。かと言って海底トンネルも無し。

この渡船、浦戸大橋が無ければ、人・車両共に対岸まで大変な迂回が発生します。

 

tosen09.jpg

 

対岸の船着き場が見えてきました(中央やや右)。

 

約5分の船旅ですが、非常にありがたい、大変意義のある海の遍路道です。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します! 

2012/02/28 |  添乗報告 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

土佐の安産祈願所

雲一つ無い青空ですが、この日の午前中は雨降りでした。

 

tane03.jpg

 

34番種間寺(たねまじ)さん

お大師さまが伽藍を整備した際、唐の国から持ち帰った五穀の種を蒔いた、

種蒔きが転訛して寺名である種間寺となった、との説があります。

 

tane02.jpg

 

鐘楼? いいえ、違います。観音さまが祀られているのですが・・・

 

tane01.jpg

 

子育観音と呼ばれ、赤ん坊を抱いている観音さま。

周囲には底抜けの柄杓がびっしり祀られています。

 

ここ種間寺さんは、土佐随一の安産祈願所。

出産を控えた妊婦さんは、柄杓を持参して種間寺さんへ。

寺では柄杓の底を抜き(母のお腹に留まらず、無事に出てくるおまじない)、祈祷の後祈願者へ返す。

祈願者はその底抜けの柄杓をお守りにして出産に臨むと、安産に効果がある・・・との慣わし。

 

ただし、留まることが悪くない場合もあります。

それは、妊娠直後。妊娠した、それ行け! と赤ん坊がお母さんのお腹の中に留まって

あまり時間が経たないうちから柄杓の底を抜いてもらうと、流れてしまうとも。

 

何事もせっかちはいけません。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/27 |  添乗報告 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

阿波池田駅

平成24年2月23日 土讃線の山岳路線を行くvol.1

平成24年2月24日 土讃線の山岳路線を行くvol.2

平成24年2月25日 土讃線の山岳路線を行くvol.3 のオマケ

 

awaikeda01.jpg  awaikeda02.jpg

 

徳島県西部の拠点、阿波池田

高校野球「やまびこ打線」で有名になった池田高校や、タバコの産地、

交通の拠点として賑わった、三好市池田町の中心駅。

 

駅のホーム(2,3番線)には、かずら橋が設置されています。

 

awaikeda03.jpg  awaikeda04.jpg

 

近頃、1番線が改修されたようです。

特急列車の多くは1番線の発着となり、改札を通るとすぐ列車に乗れるので、利便性が向上したことでしょう。

 

awaikeda05.jpg

 

改札にはLED式の行先案内板が設置されました。

 

awaikeda06.jpg  awaikeda07.jpg

 

駅舎は昔のまま。ちなみに阿波池田駅の所在地は、徳島県三好市池田町サラダ です。

駅前の商店街・・・日本全国どこでも同じでしょうが、寂しい限りです。

 

awaikeda08.jpg  awaikeda09.jpg

 

上り(高松・岡山方面)特急列車アンパンマン号が入ってきました。

 

awaikeda11.jpg  awaikeda10.jpg

 

一際明るい1番線に比べ、2・3番線はローカル駅の雰囲気をよく醸し出しています。

 

列車を移動手段として、最速手段を利用するのも良いですが、

時間がある時は各駅停車で移動すると、また違った良い時間が過ごせます。

ゆっくり時間をかけて物事を行うと、

見えない物が見えてくるというか、気付くことができると言うか・・・

 

このことは、バスや自家用車で手軽に回る八十八ヶ所参りも良いですが、

じっくり時間をかけて、自分の足で回る歩き遍路も同じ事が言えるのではないでしょうか。

 

せっかちと言われる日本人、忙しい世の中だからこそ

敢えて時間を割いてゆっくり物事を行うことが大切、そのように思います。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/26 |  オフ |  , 徳島県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

土讃線の山岳路線を行くvol.3

平成24年2月23日 土讃線の山岳路線を行くvol.1 の続き

平成24年2月24日 土讃線の山岳路線を行くvol.2 の続き

 

 

 dosan18.jpg

 

新改駅のスイッチバックを経て、阿波池田行き各駅停車出発。

 

dosan19.jpg  dosan20.jpg

 

JR四国の中で最高所・347mに位置する繁藤(しげとう)

 

dosan21.jpg

 

列車はとある鉄橋に差し掛かる・・・

 

dosan22.jpg  dosan23.jpg

 

穴内川(吉野川支流)にかかるこの鉄橋、駅でもあります。

名前を土佐北川駅、JR線唯一の鉄橋駅です(私鉄を含めると、四国内では伊予鉄道・石手川公園駅が鉄橋駅です)。

 

dosan24.jpg  dosan25.jpg

 

大豊町の中心駅となる大杉

大豊町役場や、高知道大豊インターの近く。天然記念物「大杉」も駅から、徒歩圏内(約10分)と言って良い距離です。

この駅には一部の特急列車が停車しますが・・・今回は下り特急は停車せず。通過待ちをしました。

 

dosan26.jpg

 

この駅から徳島県になります。

 

dosan27.jpg

 

大歩危(おおぼけ)駅と、お決まりの歩危マートさん

祖谷渓の入口でもあるこの場所、このお店。住民にとっては大切な生活拠点です。

いわゆる「よろず屋」、食料品から生活雑貨、地元産の珍しいお惣菜もあり・・・

改めて訪れてみます。

 

dosan28.jpg

 

大歩危駅停まりの各駅停車を待ってから、出発

 

dosan29.jpg

 

小歩危(こぼけ)駅では、再び下りの特急列車の通過待ち

 

dosan30.jpg

 

終点、阿波池田駅に到着。

距離67.4km、所要時間約1時間40分(特急なら55分)。

行き違い待ち・待避待ち(特急追い抜き)が多いと2時間以上かかる場合もあるので、

これでも(各駅停車なりに)早い方。

 

出た頃にはまだまだ明るかった空も、すっかり暗くなっていました。 

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/25 |  オフ |  , 徳島県 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

土讃線の山岳路線を行くvol.2

平成24年2月23日 土讃線の山岳路線を行くvol.1 の続き

 

dosan09.jpg

 

土佐山田を出て坂を駆け上がった列車、右手に築堤と線路が見えてくると、間もなく新改(しんがい)駅に到着。

 

dosan10.jpg  dosan11.jpg

 

・・・しかしながら、すんなり駅停車とはなりません。この駅、スイッチバック構造になっています。

坂を上がるにつれ、築堤と同じ高さとなり、その先にX字の分岐点が現れます。

本線は真っ直ぐトンネル方向、新改駅は左手奥(行き止まり)

 

dosan12.jpg  dosan13.jpg

 

土佐山田方向から来た列車は、本線を外れて左前方の引き込み線へ。程なく駅が現れます。

 

dosan14.jpg

 

一番近い集落までは1kmほど、当然のことながら無人駅。

本線は坂が連続して、列車が停車・発車できる水平な土地が無いため、

このような構造になったと思われます。

 

今では「秘境駅」の一つにも数えられる新改駅ですが、

その昔は商店有り、民家有りと利用者はそこそこいた模様。

また、駅には下駄箱が設置されていたと言います。

麓の集落からの利用者は、駅へのアクセス路が悪いため、靴を2足持って家を出て

駅に到着すると履いていた靴を駅の下駄箱に置き、街へ行く靴に履き替えて列車に乗ったと言います。

 

dosan15.jpg

 

ドアが閉まると、運転士さんは反対側の運転台へ。

向きを変え本線を跨いで、今度は真反対側の引き込み線に入って行きます。

これはX字を後ろ向きに見ているところ。

 

dosan16.jpg  dosan17.jpg

 

トコトコ進んだ列車は、駅と反対側の引き込み線へ。

今居る場所は、土佐山田駅から坂を駆け上がってきて最初に見えた築堤の上になります。

再度運転士が反対側の運転台に座り(元通り)、信号が変わったところで列車は元通りの向きへ動き出します。

 

dosan18.jpg

 

左手に新改駅、別れを告げながら本線トンネル内へ。

 

行ったり来たり、約10分の滞在でした。

当然のことながら、特急南風は新改駅は通過。本線を颯爽と駆け抜けて行きます。

 

特急では気付くことのできない、忘れ去られた空間がここにはあります。

 

続く

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/24 |  オフ |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

土讃線の山岳路線を行くvol.1

香川県(多度津)と高知県(窪川)を結ぶ土讃線。

大歩危・小歩危に代表されるような吉野川上流域・四国山地を南北に突っ切るこの路線は、

ローカル線の風情が多く見られる好路線。

現在は都市間輸送の役目を担う特急南風(岡山?高知/中村)が、難所区間を一瞬で駆け抜けて行きます。

 

特急以外はと言うと・・・

 

dosan03.jpg

 

細々と地域間輸送に励んでおります。

 

dosan01.jpg  dosan02.jpg

 

旅の始まりは土佐山田駅。

高知から来た各駅停車は、この駅で30分ほど停車して後から来る特急南風(アンパンマン仕様)の発車を待っての発車。

 

土佐山田と言うと今では寂れてしまった感が否めませんが、

かつては龍河洞方面へ向かう路線バスの乗換駅として賑わった場所。

運行するのはJR四国バス。国鉄バスを受け継いだ路線としても、現存唯二の存在(もう1つは松山?久万?落出線)となり

希少なバス路線となっています(これに乗るとアンパンマンミュージアムに行けますよ)。

 

dosan04.jpg

 

今回はバスではなく、列車の旅。各駅停車に乗って、阿波池田を目指します。

 

dosan05.jpg  dosan06.jpg

 

土佐山田を出た土讃線は、程なく急勾配区間へ差し掛かります。

JR四国のエース「キシャ」はエンジンの回転数を上げて、排気音を野山に響かせながら坂を駆け上がって行きます。

 

dosan07.jpg  dosan08.jpg

 

鉄橋あり、煉瓦積みの馬蹄型トンネルあり・・・

 

dosan09.jpg

 

しばらくすると、進行方向右手丘の上に、線路が出現

土佐山田の次の駅「新改駅(しんがい)に入ってきます。

 

続く

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/23 |  オフ |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

秋田名物

kiritanpo01.jpg

 

炊いたごはんが残ったので、きりたんぽを作ってみた。

(作り方は山形の友人に教えてもらいました)

 

実戦は初めてながら、なかなかうまくできたのではないかと。

つぶつぶは、我が家は玄米を少し入れて炊くのでそのため。

 

 

これを焼いて焦げ目をつけてから、みそをつけたり、鶏だしの鍋に入れて食べます。

 

Kiritanpo.jpg

 

このように、囲炉裏で焼くイメージ

 

我が家には囲炉裏はなく竹串もなかったので、割り箸に巻いてコンロで焼いてから

鶏だしの鍋に入れて食べました。

 

お味はと言うと・・・もうちょっと焦げ目をつけてから、鍋に入れれば良かったかな。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/22 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

50番繁多寺の歓喜天さま

平成23年8月2日 歓喜天さまの話

平成24年2月4日 この時期の60番横峰寺へは・・・ vol.2 の姉妹記事です 

 

 

50番繁多寺さん

 

hantaji01.jpg

 

地元では親しみを込めて「はたでらさん」と呼ばれています。

 

hantaji02.jpg

 

本堂横には鳥居があり、神様が祀られています。その神様とは・・・

 

hantaji05.jpg  hantaji03.jpg

 

歓喜天さま

姿が描かれる機会は多くはありませんが、姿は象頭双身

夫婦和合商売繁盛など、祈願事に強い力を持つ神様です。

 

50番繁多寺さんは江戸時代に徳川家の庇護を受けて、

4代将軍家綱自ら、念持仏である歓喜天さまを祀ったと言われるのが、こちらの歓喜天堂。

(念持仏・ねんじぶつとは守り神のイメージです)

 

hantaji04.jpg

 

歓喜天さまを祀るお堂の垂れ幕や、絵馬には大根が描かれます。

大根が好物の歓喜天さまへのお願い事は、大根を我慢するので・・・」

とお願いすると、同情して頼みを聞いてくれると言われています。

 

四国八十八ヶ所霊場の歓喜天さまで最も有名なのは、86番八栗寺さん。

以前記事にさせて頂いた37番岩本寺さん、60番横峰寺さん。そして50番繁多寺さん。

他の札所・霊場にも大小様々な形でお祀りされています。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/21 |  こころの旅人雑記 |  , 愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

88ヶ所奥の院・與田寺

與田寺(よだじ)と読みます。

 

yodaji01.jpg

 

香川県東かがわ市(旧大内町)にあり、県内では厄除けの寺院として

正月は大勢の参詣者で賑わいます。

 

yodaji02.jpg

 

與田寺さんは、四国八十八ヶ所総奥の院と称されます。

88番大窪寺さんを打ち終えたお遍路さん、88番は山中深くにあるため

多くのお遍路さんが国に帰るには、船が出ている港に出てこなければいけなかった。

そこで最も近かったのが與田寺さんの近く、三本松の港。そこから出航していた神戸行きの汽船が、

主に関西以東から訪れるお遍路さんにとっては便利で、重宝されていたそうです。 。

 

その船待ちの時間を利用して参詣したのが、與田寺さん。

四国八十八ヶ所を無事に回れたことをこちらのお大師さまに報告してから、乗船したそうです。

 

諸説様々あり、私はその時代に生きていたわけではなくあくまで伝え聞きなのですが、

いわゆる「八十九番札所」的なものじゃないかな、と解釈しています。

 

yodaji03.jpg

 

とは言っても、元々四国遍路に始点・終点の定義はありません。自分が決めるものです。

3番金泉寺さんを指す道標は入口山門の横にあります。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/20 |  こころの旅人雑記 |  , 香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

瓦の街の駅

53番円明寺さん54番延命寺さんの中間に位置する、今治市菊間町。

の生産が盛んで町内はもちろん国道196号を通っていると、

瓦工場鬼瓦を多数見ることができます。

 

kikuma01.jpg

 

菊間の中心駅となる、JR予讃線菊間駅

 

kikuma02.jpg  kikuma03.jpg

 

2面2線相対式ホーム

今は使われていませんが、過去には使用されていたであろう引き込み線が存在します。

 

kikuma04.jpg

 

特急は停まりません。各駅停車が毎時1・2本。

私が訪れた時はちょうど1時間に1本の時間帯、それも列車が行った後でした・・・

 

暖房設備は無いので、防寒着を着込んでベンチで待っていると・・・

 

kikuma05.jpg

 

上り(高松・岡山方面)特急がやってきました。

 

kikuma06.jpg

 

JR四国のエース、特急しおかぜ・いしづち(高松・岡山から松山・宇和島)

この車両だけを見ると「四国って良い車両が頻繁に走ってる」と思われるかもしれませんが・・・

電車(電気で走る列車)が走る区間はごく一部、殆どは気車(キシャ・軽油で走る列車)のもの。

単線で、国鉄時代の車両が多数・・・ 四国の人々はJRには愛着を込めて、「キシャ」と呼びます。

 

 kikuma07.jpg

 

駅のホームからは、菊間特産のを展示、瓦製作を体験できる「かわら館」を見ることができます。

(夜はライトアップされますが開館は9時から17時まで、入場料200円)

 

歩き遍路では、かわら館は離れているので訪れることは殆どありませんが、

菊間を歩かれる時は、瓦工場・巨大な鬼瓦を楽しみながら、歩かれて下さい。

穏やかなしまなみの海も、綺麗です。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/19 |  オフ |  , 愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

最上三十三観音1番若松さまへvol.3

最上三十三観音1番若松さまへvol.1 の続き

最上三十三観音1番若松さまへvol.2 の続き

 

 

積雪多い中参拝を終え帰ろうとした時、とあるお堂を発見した。

 

wakamatsu20.jpg

 

特にこれと言って変哲の無い、コンクリートのお堂

 

wakamatsu21.jpg

 

四国八十八ヶ所の分所と、むかさり絵馬なる物が展示されていました。

 

後者、「むかさり絵馬・ムカサリ絵馬」  ムカサリ絵馬について、お寺のサイト

衝撃的な絵図を目の当たりにして写真が撮れなかったのですが、

こんなリアリティ豊かな、見る者に何かを訴えかける、悲しい絵馬は見たことはありません。

 

「ムカサリ」とは山形の方言で、婚礼の意味。

婚礼の絵に享年戒名が記されている、「嬉し悲し」の絵馬。

この地方(山形県東部、村山と呼ばれる地域)では、結婚をすることなくこの世を去った者に対して

せめてあちらの世界では、結婚式を挙げて幸せに過ごして欲しい・・・

「結婚をすることなく亡くなった」ということは、

水子や夭折、成人していても戦争や交通事故等で亡くなった人も未婚であれば含まれる

広義的な追善供養の形です。

 

絵馬には婚礼の様子が描かれていますが、男・女どちらかは想像の人物。

故人は実在の人物を似せて描きますが(最近は合成写真もあるようです)、

相手はあくまで想像の人物、実在の人物を似せて描いてはいけない。

結婚相手が誰か明らかになると、あの世に居る故人が迎えに来て、連れ去ってしまうからだそうです。

 

この絵馬は若松観音だけではなく、山形県村山地方一帯に存在するようなので、

(かの有名な山寺立石寺や、他最上三十三観音霊場でも)

次に山形に行った際には、可能な限りでの取材を試みてみます。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/18 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

最上三十三観音1番若松さまへvol.2

最上三十三観音1番若松さまへvol.1 の続き

 

wakamatsu07.jpg

 

どうにかこうにか境内駐車場に到着

 

wakamatsu08.jpg  wakamatsu09.jpg

 

諸堂の配置を頭に入れて・・・参拝開始。

 

wakamatsu10.jpg

 

めでためでたの若松さま

と言うと山形夏の風物詩「花笠音頭」の最初の一節。

そこに歌われた「若松さま」とは、この若松寺(じゃくしょうじ)の事。

 

wakamatsu11.jpg

 

階段を登って・・・

 

wakamatsu12.jpg  wakamatsu13.jpg

 

お決まりの、清めれない手水

種火が用意してありました。参拝者が極めて少ないこの時期に、とても有り難い火です。

 

wakamatsu14.jpg

 

重要文化財指定の観音堂(本堂)

 

wakamatsu16.jpg

 

扁額(へんがく)圓通閣とは圓通大士のいらっしゃる所。

圓通大士とは、観世音菩薩の異称で、観音堂や大悲殿と同じ意味です。

 

wakamatsu15.jpg  wakamatsu17.jpg

 

鐘楼堂は下界を見下ろす丘の上にあり、麓には将棋の駒で有名な天童の街が見下ろせる(はず)

 

wakamatsu18.jpg

 

鐘楼堂、観音堂の配置はこの通り

 

何せ、が多くて・・・

 

今回の訪問は、最上三十三観音霊場ってどんな? くらいの気持ち、見学と言った感じ。

なので、次の2番札所はかの有名な「山寺・立石寺」ですが、今回は訪れていません。

特に今の時期は積雪で入れない札所があるそうなので・・・

 

今回、驚きそして感慨深かったのはとある絵馬との出会いでした。

 

 

続く

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!   

2012/02/17 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

最上三十三観音1番若松さまへvol.1

東北で最も歴史由緒のある霊場と言えば、最上三十三観音

と言っても広大な東北一帯を巡礼する物ではなく、

山形県東部の村山地方と呼ばれる地域に存在する三十三の観音霊場を巡拝するものです。

 

wakamatsu01.jpg

 

1番霊場若松寺(じゃくしょうじ・山形県天童市)

国道13号(福島・山形・秋田)から少し山側へ入ると、そこは豪雪地帯

 

wakamatsu02.jpg  wakamatsu03.jpg

 

丘の上に立つ境内に向かって、山を分け入って行きます。

徒歩参道がありますが、この時期は雪に埋もれて上がれそうにありません。

 

wakamatsu04.jpg

 

私の車は二駆・・・

冬タイヤは履いていますが、(別の場所で)坂道で停まったら上がれなくなったことがあるので、

念のためタイヤチェーンを巻いて、出発!

 

wakamatsu05.jpg  wakamatsu06.jpg

除雪されていますが、それ以上にどんどんが積もっている印象。坂の勾配はなかなかです

どうか対向車が来ませんように・・・

 

wakamatsu07.jpg

 

無事に境内駐車場まで上がって来ました。は降ったり止んだり。

靴をスノーブーツに履き替えて、参拝開始。

 

続く

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/16 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

室戸修行の道、椎名漁港にて

23番薬王寺さんから、24番最御崎寺さん

この間約80km離れている、遍路道中No.2の距離(No.1は37・38番の間の約90km)。

 

遍路道中で何が辛いか。

パッと出てくる考えでは「山道」

 

とりわけ体力的に辛いのが「登り坂」

けれど足が辛いのは「下り坂」

 

季節で辛いのは間違えなく「夏」

 

そして、気持ちの上で辛いのは、変化の少ない「平坦車道」

 

それぞれ辛い場面に違いがあります。

 

そう言う意味では、23・24番の間、室戸の海岸は変化の少ない平坦車道。

精神的には非常に辛い、修行の道と言える区間です。

 

shina01.jpg

 

室戸市椎名漁港にて、隅っこをお借りして昼食

 

shina02.jpg

 

魚が上がったようです。漁港の作業風景を見ていると・・・

 

shina04.jpg  shina05.jpg

 

魚の正体はサバでした。

 

shina03.jpg

 

すごい数のゴマサバ

 

「サバを読む」

という言葉がありますが、サバを数える時急いで数を誤魔化すこと、が起源。

こういう状況で生まれた言葉だろうなぁ、と。

 

 この日は冬を忘れるくらいの好日! 天気と運が味方して、気持ちよく進むことができました。

 

平成24年2月11日、12日

がんばる歩き遍路 広島6期・備後1期

海の駅東洋町ー海洋深層水研究所

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/15 |  添乗報告 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

遍路道最長海岸、大岐の浜

高知県土佐清水市、38番金剛福寺近くの大岐の浜

 

oki03.jpg

 

潮が引くと、「砂浜の遍路道」が現れます。

こちら大岐海岸、砂目が細かいのかして、とても歩き易い。

 

oki02.jpg

 

大岐の浜の特産品と言えば「はまぐり」

貝掘りに来ていた地元のおじさまと、しばし談笑

 

oki01.jpg

今回は打戻(38番から39番へ向かう途中)での大岐の浜でした。

 

お客さまの一人が「右に海を見て歩くのは、景色が見易い」と言われました。

 

四国八十八ヶ所参りは右回り(時計回り)、と言うことは基本的に海は左側(左目)

 

周回する競技で考えてみましょう。

陸上、スケート、F1、競艇、競輪・・・ 周回する競技は全て左回りです。

競馬には右回りが存在しますが、これは広大な土地を必要とするため

土地の起伏で周回する向きが変わるようです。しかし、競馬だって世界のスタンダードは左回りです。

 

人間、基本的に「外側は右目」で見るのが、しっくりくるのでしょうか。

 

 

興味深い一言でした。

 

平成24年2月9日、10日

がんばる歩き遍路 広島4・5期

窪津港ー38番?(打戻)久百々橋

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/14 |  添乗報告 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

米坂線快速べにばなvol.2

米坂線快速べにばなvol.1の続き

 

yonesaka09.JPG

 

坂町駅(新潟県)より出発!

 

yonesaka10.JPG  yonesaka11.JPG

 

出発して程なくして、辺りは雪原

国道113号を挟んで一級河川・荒川が見えるけど、凍ってる!

 

yonesaka12.JPG  yonesaka14.JPG

 

単線非電化と言えば四国も一緒

イメージ的には、土讃線の阿波池田から先の山岳路線に該当、そこにプラス雪

という感じでしょうか?

 

yonesaka13.JPG  yonesaka16.JPG

 

トンネル(山)、橋梁(川)・・・

人類は自然に立ち向かい、乗り越える力を持っていることを知らされます。

 

yonesaka04.jpg  yonesaka03.jpg  

 

県境を越えて、今回は手ノ子駅まで。JR規格の駅標識がありますが・・・

 

 yonesaka05.jpg  yonesaka06.jpg

 

旧来の駅表示もありました。このフォント、ぬくもりがあって大好きです。

駅に温度計がありましたが、摂氏5度でした。

 

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/13 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

米坂線快速べにばなvol.1

豪雪ってどんな?

 

yonesaka01.jpg  yonesaka07.JPG

 

体感するために、やってきたのは坂町駅(新潟県)

 yonesaka17.png  yonesaka02.jpg

 

新潟県坂町駅から山形県米沢駅を結ぶ、米坂(よねさか)線で、豪雪を体験することにしました。

米沢までは1日5本(最終便は途中の小国駅止まり)。お目当ての列車は・・・  

 

yonesaka08.JPG  yonesaka09.JPG

 

「快速べにばな」

山形県花ベニバナが名の由来である、快速列車(米坂線内は各駅停車)

 

この積雪で定時到着・発車する鉄道ってすごい!

それには、保線・除雪・運行管理・・・多くの人々の支えによってできること。

 

感謝の気持ちを忘れず、快速べにばな発車です。

 

 

つづく

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/12 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

88番大窪寺の雪vol.2

88番大窪寺の雪vol.1の続き

 

okubo07.jpg  okubo08.jpg

 

正規の山門(?)から入り直してみました。

今年(平成24年)逆打ちの年、この時期の88番の境内はごった返しているのが通常・・・

 

まぁ、これは雪のせいではなく午後(夕方)だったので。

 

okubo11.jpg  okubo10.jpg

 

境内のお大師さま、仏様はうっすら雪のお化粧

 

okubo12.jpg  okubo13.jpg

 

この御詠歌と、寒さにじっと耐えるお大師さんが印象的。この姿が見れるのは雪があるからこそ。

 

okubo14.jpg  okubo09.jpg

 

参拝を終え、来た参道を帰ります。

 

okubo15.jpg  okubo16.jpg

 

山門前の道路、大窪寺さんの名物と言えば「打ち込みうどん」ですが、

参拝を終えた頃にはお店は閉まって辺りはひっそりしていました。

 

ここには「切幡(10番)、白鳥(神社) ○○里」と書かれた石の道標があります。

通常八十八ヶ所参りと言えば1から88番まで、それで一周(終わり)ですが、それは現在の概念。

古くは様々な理由によって、終わりはこの88番の限りではなかったようです。

この石に先の方角・距離が書いてあることがその証。左の写真の中に、その道標はあります。訪れた際に見つけてみて下さい。

 

okubo17.jpg

 

帰り道、晴れ間が覗いて夕陽に照らされて赤く染まった雲が印象的でした。

 

温暖な四国と言えども、この時期は山間部等では雪に遭うことがあります。

お車でお越しの方、どうぞ安全運転で。そしてスタッドレスタイヤなど滑り止めの準備をお忘れなく。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/11 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

88番大窪寺の雪vol.1

香川県で降雪は大ニュースと言いましたが・・・

 

okubo01.jpg  okubo02.jpg

 

八十八ヶ所の結願所・88番大窪寺付近(香川県さぬき市)は、山間部のため年に数回雪が積もります。

87番長尾寺からのアクセス道路に、雪が積もりました。

 

okubo03.jpg  okubo04.jpg

 

車両で来た時の山門。轍と雪の陰影がくっきり。

お約束の、手水(ちょうず)凍結。水の流れ口を見ての通り、風が強い! 寒い!!

氷水で手を清めると、心身共に清まる(日本語?)気がします。

 

okubo05.jpg  okubo06.jpg

 

お大師堂前の藤棚、枝には雪。

歩き遍路の道の一つである「女体山越え」の下山口がこの通りなので、女体山(776m)埋まる積雪でしょう・・・

 

 

つづく

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/10 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

みちのく慈恩寺へ

みちのく山形県寒河江(さがえ)市にある慈恩寺さん

 

jion01.jpg  jion02.jpg

 

積雪量は1m越え、当然のことながら辺りに人気(ひとけ)はありません。 

は更にしんしんと降り積もって行きます。

 

jion08.jpg  jion09.jpg

 

仏様を祀った諸堂、その全てが雪囲い。四国のお寺さんでは見れない光景に、ここがどのような場所か実感。

 

jion04.jpg

 

本堂。

寺務所に行ってお坊さんに拝観をお願い・・・少々呆られ気味・・・仕方ない。

「見るだけね。今日は説明なしね」

 

と言いつつも、ガイドの奥様。

御本尊さま、脇仏、寺宝・・・ まこと丁寧にご説明して下さいました。

 

それにしても内陣畳の冷たいこと! 足の裏感覚無くなります。お話を聞いている間、足を重ねたりして我慢。

 

jion06.jpg  jion05.jpg

 

鐘楼。

お四国では「1打」が基本ですが、ここは3打。混雑時はその限りではないのでしょうが。

この日は貸切なので、ゆっくり、心を込めて鐘を撞かせて頂きました。

 

jion12.jpg  jion11.jpg

 

左) 山門入口

右) 山門裏側

 

jion10.jpg  jion13.jpg

 

山門から続く参道、五重塔

 

jion07.jpg  

 

拝観を終え、帰る時には友人の車はこの通り。

 

お寺の周囲は狭路・坂道がたくさん。

車の場合下手な場所で停車してしまうと、上がれなくなる場合があります。注意。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/09 |  オフ |  コメント(0) |  トラックバック(0)

2/5【バス遍路】別格10番札所から14番札所へ

2/5(日) バス遍路 別格20霊場めぐり 第5回

今回は10番札所 隆興寺 から 14番 椿堂 まで5ヶ寺のお参りでした。

 

【別格10番 隆興寺】

本堂まで長い階段が続きます。

着いたと思うと、まだ先があり・・・・

20120205_100117.jpg

 

20120205_095744.jpg

しかし辺りは緑に囲まれ、横には川が流れ、とても気持ちのいい場所でした♪

休憩しながら、助け合いながら、無事全員でお参りできました(※^^※)

 

これは牛岩

20120205_095906.jpg

牛のように見えることからこの名がつけられているそうです。

訪れた際は、牛に草を食べさせてあげましょう(^▽^)/

私達がたくさんあげたのでお腹いっぱいになったかな?

 

【別格11番 生木地蔵】

20120205_110741.jpg

 

【別格12番 延命寺】

延命寺にあった大木 イザリ松を支えた石柱の後

20120205_134859.jpg

今は根元がだけが残っています。

この石柱が松を支えていたとすると・・・・本当に大きな松だったんだなぁ

松の下をくぐってみたかったです!

 

【別格13番 仙龍寺】

四国88ヶ所の仙遊寺の奥の院でもあり、

地元の方には「おくねんさん」と言って親しまれる場所です。

20120205_151801.jpg

森の中に木を組んで作られた建物が建つ仙龍寺

映画の世界みたいな場所でした!!

感動(>0<)

是非一度は行ってみていただきたい場所です。

 

【別格14番 椿堂】

その名の通り、境内にたくさんの椿の木が植えられたお寺です。

椿のシーズンに行くと本当にきれいなんだろうなぁ・・・

20120205_161938.jpg

ここへ訪れたら、是非朱印をいただいてみてください。

椿の絵が描かれた朱印

私のお気に入りです♪

 

お参り中は心配だった雨にも降られることなく、無事に1日が終了。

せっかく愛媛に来たので、今の時期旬な ”文旦” が人気のお土産でした♪

(私もミカンを買っちゃいました★)

 

次回はついに最終回 結願 です。

もう6回目・・・早いなぁ

少し寂しいですが、次回もがんばります!!

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 新日本ツーリスト こころの旅人スタッフ  松野

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します! 

   

 

2012/02/08 |  添乗報告 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

那賀川鉄橋と列車空襲vol.2

平成21年3月20日 日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密の姉妹記事です 

那賀川鉄橋と列車空襲vol.1の続き

 

自転車・歩行車道付きの那賀川鉄橋弾痕の捜索

 

nakagawa10.JPG  

 

今度は上流部の歩道を歩いて、弾痕を探します。

 

nakagawa12.JPG  nakagawa11.JPG

 

慣れてきたのか? それともこちら側の痕跡が激しいのか。

 

nakagawa13.JPG  nakagawa14.JPG

 

下流側の歩道を歩いている時より、大きな弾痕が見つかる気がします。

いずれも阿南側(南)ではなく、徳島側(北)に集中しています。

 

nakagawa16.JPG  nakagawa17.JPG

 

那賀川鉄橋最大の弾痕跡は、こちらでしょう。飛行中の鳥が当たったとしても、こうなるはずはありません。

さきほど下流側の歩道を歩いている時には気付きませんでした。銃撃の威力を、見て知ることができます。

 

nakagawa18.JPG

 

上流側の歩道を渡り終えたところで、こちらの碑がありました。

記述には「中島駅を発車、那賀川鉄橋に差し掛かった時・・・」とあり、弾痕の存在する箇所と一致します。

 

戦争末期の昭和20年7月30日那賀川鉄橋空襲

鋼板を打ち抜いた痕を目の当たりにすると、確かな事実であることを実感します。

 

nakagawa19.JPG  nakagawa20.JPG

 

散策中に、徳島行きの列車が那賀川鉄橋を通り過ぎて行きました。

平和が当たり前の世の中、でもとても大切なことだな、惨劇の跡を見て改めて感じました。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/07 |  オフ |  , 徳島県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

那賀川鉄橋と列車空襲vol.1

平成21年3月20日 日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密の姉妹記事です

 

徳島県を流れる大河と言えば吉野川ですが、今回はもう一つの大河・那賀川(なかがわ)。

お遍路では20番鶴林寺さんから、21番太龍寺さんへ向かう際に水井(すいい)橋と言う名の橋を渡りますが、

その下流、河口近くに架かるJR牟岐線(徳島から海部)の鉄橋が今回の散策場所です。

 

那賀川と言えば、この近くにアゴヒゲアザラシのナカちゃんが現れた事は、記憶に新しいところですね。

 

nakagawa01.JPG  nakagawa02.JPG

 

那賀川鉄橋は、鉄橋を挟んで上・下流共に自転車・歩行者道が備えられています。

 

nakagawa03.JPG  nakagawa04.JPG

 

今回の目的は、こちら。

この鉄橋、太平洋戦争末期に列車空襲があった場所。その弾痕が残る鉄橋と言うことですが・・・

 

nakagawa05.JPG  nakagawa06.JPG

 

確かに有ります。何度か再塗装されているのでしょうが、弾痕がくっきり。

 

nakagawa07.JPG  nakagawa08.JPG

 

普通に通り過ぎるだけではなかなか見つけることはできませんが、

よく見ると、鉄橋の上・中・下部 それぞれに弾痕を見つけることが出来ます。

 

nakagawa09.JPG  nakagawa10.JPG

 

鉄橋を対岸まで渡りました。半分渡ってみましたが、弾痕は徳島側(北)に集中していた印象です。

反対側へ移り、今度は上流部の歩道から弾痕捜索開始です。

 

つづく

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/06 |  オフ |  , 徳島県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

2月3日、香川の朝

香川県で積雪は大ニュースと言いましたが・・・

 

snow01.jpg

 

大ニュースが次々に起こる、今冬の香川県です。

 

snow03.jpg  snow04.jpg

 

左) 高瀬PA出口付近

右) 鳥坂峠(71番・72番の間)

 

この後、高松自動車道は通行止めになりました。

 

snow06.jpg  snow07.jpg

 

坂出ICバスターミナル、国道11号共に真っ白で轍ができました。 

 

snow08.jpg  snow09.jpg

 

スリップする車、(滑って)発進できない車、極端に低速の車・・・ 色んな車を見ました。

 

 snow10.jpg

 

80番国分寺の最寄り駅、JR国分駅前。

(行けませんでしたが)国分寺境内は普段は見れない雪化粧であったことでしょう。

 

世間一般的には「温暖化で・・・」「昔に比べたら雪は降らなくなって・・・」

と言われますが、ここ最近の雪の降り方(特に豪雪地域)を見ていると、そうでもなくなってきてる?

人類活動が活発になった21世紀とは言え、地球の長い歴史で考えれば「暖期」「寒期」

数十・数百年周期はもちろん、数千・数万年単位で繰り返されてきたわけで。

今、地球が寒期に差し掛かったとも、考えられなくはない。

 

まぁ、私は学者さんではありませんので、寒冷地が好きな素人の見解ですが。

 

 

車の滑り止め装備が無い場合は、公共交通機関で移動しましょう。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/05 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

この時期の60番横峰寺へは・・・ vol.2

この時期の60番横峰寺へは・・・ vol.1 の続き

 

yokomine08.jpg

 

60番横峰寺に到着、休憩(昼食)を経て、参拝開始です。

これまで舞ってたが止んで、晴れ間が覗くようになりました。 

 

yokomine10.jpg  yokomine11.jpg

 

まずは手水でお清めです。

手持ちのお茶が凍るような気温(マイナス5度くらい)なので、水がとても冷たい!

水をつけるだけで手は真っ赤、感覚が無くなります(^^;)

 

yokomine12.jpg   yokomine17.jpg

 

本堂、反対側の大師堂へ向かう参道

 

yokomine15.jpg  yokomine16.jpg

 

大師堂横の歓喜天堂  歓喜天さんについてはこちら

60番横峰寺 について書かれた立て札には、四国第三の高所であり、伊予の関所寺であることが書かれています。

 

yokomine13.jpg   yokomine18.jpg

 

60番横峰寺と言えば、シャクナゲの花。例年では5月のゴールデンウィークの頃に咲き乱れます。

(その時期は狭路である林道が大変混み合うので、マイカーでの走行は注意)

 

12月末から2月末(積雪の量によっては、この通りではない)まで、60番横峰寺に行く手段は徒歩のみとなります。

 林道は除雪されないので車は走れず、麓の京屋支店さんからの乗換バスは運休。ご注意下さい。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2012/02/04 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

この時期の60番横峰寺へは・・・ vol.1

60番横峰寺、愛媛県で最も高所にある札所。それゆえこの時期の歩き遍路は、積雪を覚悟の物となります。

今回は地元グループ・がんばる歩き遍路愛媛7期の皆様と参拝登山しました。

 

yokomine01.jpg  yokomine02.jpg

 

登山口(水場がある場所)は全くが無かったものの、

谷川から分かれた辺りから積雪が姿を現すと共に、が舞い始めます。標高が上がり、雪雲の中に入ったようです。

 

yokomine03.jpg  yokomine05.jpg

 

登りが続く道なれど、この状況では休む事もあまりできません。ゆっくりでも一歩一歩雪の階段を上がっていきます。

 

yokomine04.jpg  yokomine06.jpg

 

山門が見えた!

(写真編集を誤って、左右逆になってしまいました。ごめんなさい)

 

 yokomine07.jpg  yokomine08.jpg

 

山門を潜って、境内へ。参道・境内はすっかりに覆われています。

到着した時には、持ってたペットボトル茶が凍ってた! (遍路では初めての体験です)

 

つづく

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/03 |  愛媛県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

津田の松原SAにて

大ニュース! 香川県で雪が降りました。

 

 tsuda03.jpg

 

四国の沿岸部は、本当に雪が少ないところです。年に数回雪が舞うことがあるかどうか・・・というくらい。

 

その香川県で、雪が積もりました。

積もったと言っても「地面を覆った」くらい。雪国の人からしたら笑われるかもしれません・・・

でも、香川県においてはこれを「雪が積もった」と指します。

 

tsuda02.jpg  tsuda01.jpg

 

このサービスエリア(津田の松原SA下り線)、お大師さまがいらっしゃいます。

場所は高速バスの降車場あたり。大きい像でわかりやすいので、来る機会があれば探してみて下さい。

 

ここに来るまでに、バスの前面が真っ白になってしまいました。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/02 |  香川県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

内妻海岸

23番薬王寺から24番最御崎寺(約80km離れています)の間、

「八坂八浜の遍路泣かせ」と呼ばれた区間が存在します(現在の徳島県牟岐町付近)。

 

坂を越えたら浜(湾)、それからまた坂、下りて浜・・・という地形が連続していたことからそう呼ばれます。

注)浜辺を歩くのは足が埋まったりして、結構パワーが要ります(^^;)

 

 uchiduma04.jpg  uchiduma03.jpg

 

弊社歩き遍路ツアーでは「できる限り昔ながらの遍路道を」という理念に基づいて、

こう言った昔ながらの道を案内させて頂いております。

 

uchiduma02.jpg   uchiduma01.jpg

 

アスファルト道が大半となってしまった遍路道にあって、未舗装・自然の道は体・気持ち、休まる所がたくさんです。

いつもいつもこういう道が存在するわけではありませんが、歩き遍路ツアーに参加される時をお楽しみに!

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!   

2012/02/01 |  徳島県 |  , 添乗報告 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 2012年1月 |  メイン  | 2012年3月 »

こころの旅人ブログ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • お遍路ブログ
  • 初めてのお遍路講座
  • 巡拝用品取り扱い中
  • モンベル フレンドショップ
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • youtube

このページの先頭へ