戦跡探訪アーカイブ

四国八十八ケ所めぐり

戦跡探訪アーカイブ

那賀川鉄橋と列車空襲vol.2

平成21年3月20日 日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密の姉妹記事です 

那賀川鉄橋と列車空襲vol.1の続き

 

自転車・歩行車道付きの那賀川鉄橋弾痕の捜索

 

nakagawa10.JPG  

 

今度は上流部の歩道を歩いて、弾痕を探します。

 

nakagawa12.JPG  nakagawa11.JPG

 

慣れてきたのか? それともこちら側の痕跡が激しいのか。

 

nakagawa13.JPG  nakagawa14.JPG

 

下流側の歩道を歩いている時より、大きな弾痕が見つかる気がします。

いずれも阿南側(南)ではなく、徳島側(北)に集中しています。

 

nakagawa16.JPG  nakagawa17.JPG

 

那賀川鉄橋最大の弾痕跡は、こちらでしょう。飛行中の鳥が当たったとしても、こうなるはずはありません。

さきほど下流側の歩道を歩いている時には気付きませんでした。銃撃の威力を、見て知ることができます。

 

nakagawa18.JPG

 

上流側の歩道を渡り終えたところで、こちらの碑がありました。

記述には「中島駅を発車、那賀川鉄橋に差し掛かった時・・・」とあり、弾痕の存在する箇所と一致します。

 

戦争末期の昭和20年7月30日那賀川鉄橋空襲

鋼板を打ち抜いた痕を目の当たりにすると、確かな事実であることを実感します。

 

nakagawa19.JPG  nakagawa20.JPG

 

散策中に、徳島行きの列車が那賀川鉄橋を通り過ぎて行きました。

平和が当たり前の世の中、でもとても大切なことだな、惨劇の跡を見て改めて感じました。

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/07 |  オフ |  , 徳島県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

那賀川鉄橋と列車空襲vol.1

平成21年3月20日 日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密の姉妹記事です

 

徳島県を流れる大河と言えば吉野川ですが、今回はもう一つの大河・那賀川(なかがわ)。

お遍路では20番鶴林寺さんから、21番太龍寺さんへ向かう際に水井(すいい)橋と言う名の橋を渡りますが、

その下流、河口近くに架かるJR牟岐線(徳島から海部)の鉄橋が今回の散策場所です。

 

那賀川と言えば、この近くにアゴヒゲアザラシのナカちゃんが現れた事は、記憶に新しいところですね。

 

nakagawa01.JPG  nakagawa02.JPG

 

那賀川鉄橋は、鉄橋を挟んで上・下流共に自転車・歩行者道が備えられています。

 

nakagawa03.JPG  nakagawa04.JPG

 

今回の目的は、こちら。

この鉄橋、太平洋戦争末期に列車空襲があった場所。その弾痕が残る鉄橋と言うことですが・・・

 

nakagawa05.JPG  nakagawa06.JPG

 

確かに有ります。何度か再塗装されているのでしょうが、弾痕がくっきり。

 

nakagawa07.JPG  nakagawa08.JPG

 

普通に通り過ぎるだけではなかなか見つけることはできませんが、

よく見ると、鉄橋の上・中・下部 それぞれに弾痕を見つけることが出来ます。

 

nakagawa09.JPG  nakagawa10.JPG

 

鉄橋を対岸まで渡りました。半分渡ってみましたが、弾痕は徳島側(北)に集中していた印象です。

反対側へ移り、今度は上流部の歩道から弾痕捜索開始です。

 

つづく

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2012/02/06 |  オフ |  , 徳島県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

南国市の掩体壕群

en01.JPG

 

場所は高知龍馬空港の近く(写真右手に空港の管制塔が見えてます)、

田園地帯に突如として現れる、巨大コンクリート建造物群。

 

en02.JPG  en03.JPG

 

掩体壕(えんたいごう) と言います。

太平洋戦争時に作られた、敵国の空襲から戦闘機を守るための、飛行機用防空壕と言ったところでしょうか。

高知龍馬空港(高知飛行場)は、戦時中は海軍の飛行場であったため、掩体壕が多く作られました。

 

en04.JPG  en05.JPG

 

作り方

土を型枠の形に盛って、よく踏み固める。そこにワラやムシロを敷いて、コンクリートを流し込む。

コンクリが固まったら、砂をほじくって空洞を作り、完成

 

作業には、学童や女性・受刑者などが従事したそうです。

また、農家の人達は、掩体壕の上に植えた草木に水をやることが日課だったそうです。

 

今はコンクリートむき出しですが、当時は草や土で覆われ、敵国から見つかりにくいようにされていたのでしょう。

右の写真は、タバコ畑(葉を摘んだ後ですが)の中に残っている図。

 

en06.JPG  en07.JPG

 

水田の中にある掩体壕。中は農機の車庫となってました。

 

en09.JPG  en08.JPG

 

こちらは、他の掩体壕と比べても一際大きく、爆撃機サイズが入る大きさ。

調べてみると、現存する掩体壕で最大だそうです。そんなものが、南国市にあったとは・・・

 

帰って調べてみると、付近の物部川沿いにトーチカ(砲台)跡が数基残存しているようです。知らなかった・・・

今度はそれも調査、です。

 

四国では他に、松山空港の近くにも掩体壕が3基あるようです。

 

遍路だけでは知れないことが、四国にはまだまだたくさん。

(遍路を含む)四国マスターへ向かって日々勉強、精進ですね。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!  

2011/07/15 |  オフ |  , 戦跡探訪 |  , 高知県 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

日本最古の跳ね橋、長浜大橋の秘密

愛媛県大洲市長浜町

八十八ヶ所札所はなく、お遍路にはあまり縁のないお土地柄。

 

肱川(ひじかわ)河口に掛かる、長浜大橋(通称 : 赤橋)

 

CIMG9801.JPG  CIMG9802.JPG

 

国内では現存最古の跳ね橋であり、幅員はやや狭いものの乗用車が通行可能

今でも地元住民の生活道路として、利用されています。

 

CIMG9803.JPG  CIMG9804.JPG

 

橋の完成は、昭和10年。

跳ね橋と言えば、有名なのは東京・隅田川に掛かる「勝鬨橋(かちどきばし)」

そちらは昭和15年の共用で、現在は稼働停止。橋が上がることはありません。

 

赤橋は大変希少な存在です。 

 

CIMG9805.JPG  CIMG9806.JPG

 

橋の中央部に管理棟、そして橋を持ち上げる時の重り。

元々舟の航行のために考案されたのが跳ね橋ですが、今はその使命を終え、

点検と、私のようなマニアを喜ばせるために、毎週日曜日・13:00に橋が上がります。

 

CIMG9807.JPG

 

あまり知られていませんが、この橋には秘密があります。

 

CIMG9808.JPG  CIMG9809.JPG

 

太平洋戦争時、米軍機グラマンによる機銃掃射の跡(弾痕)

 

CIMG9811.JPG  CIMG9810.JPG

 

よく見ると、そこらじゅうに!

 

CIMG9812.JPG  CIMG9813.JPG

 

目を凝らして見てみましょう。弾痕が確認できるハズ

 

奥の橋は、新長浜大橋(通称 : 白橋)

幹線道路としての機能は、現在は白橋に移行

 

CIMG9814.JPG  CIMG9815.JPG

 

橋脚をジロジロ、カメラを接写する姿が、地元住民には不思議な光景に映ったようです。

「何撮りよん」 

 

CIMG9816.JPG

 

元の場所に戻ってきました。

最初は気付かなかった、石柱の弾痕

 

CIMG9817.JPG  CIMG9818.JPG

 

鋼鉄の橋脚もそうですが、石に跡残った跡

これが空から降ってくるのですから・・・その恐怖と言えば、想像がつきません。

 

この橋が狙われた理由として、

呉や広島、岩国など山陽地域の軍需工場密集地帯を狙う際、不幸にもその通り道となっていました。

サイパンやグアムなど、太平洋の基地に帰投する際銃弾を積み残したまま帰ると、

 

「テヲヌイタダロ!」

 

上官に叱責されてしまいます。

なので、捨て玉として格好の的となった。との説が有力です

 

無抵抗の橋を銃撃するなんて、パイロットからすればゲーム感覚だったと想像します。

 

 

戦争は恐ろしい。。。

 

 

DSCN4671.JPG  CIMG9819.JPG

 

展望台に来てみました。新旧長浜大橋の、お目見え。

  で縁起が良いですね。

 

CIMG9820.JPG  CIMG9821.JPG

 

新橋が完成したら旧橋は撤去される予定だったらしいのですが、

地元の熱心な保存運動により、今も残っているようです。

 

その歴史的価値もさることながら、身近な戦争遺稿として、末永く後世に伝えていきたい、赤橋。

今度来る時は、開いたところを見てみたい。

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

文 : 四国八十八ヶ所霊場会公認先達 / 四国六番安楽寺出家得度  野瀬照山

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 遍路・巡礼

ブログランキングに参加しています。宜しければ応援のクリックを、よろしくお願い致します!

2011/03/20 |  オフ |  , 愛媛県 |  , 戦跡探訪 |  コメント(0) |  トラックバック(0)

« 小豆島 |  メイン  | 歩き遍路 »

このページの先頭へ